【国試対策】心電図/循環系問題

救急隊員の心電図
 ★問題文をクリックすると答えが問題下に表示されます★

【国試対策】心電図/循環系問題

1 正しいのはどれか。1つ選べ。

1. 循環血液量が増加すると前負荷は減少する。

2. 前負荷が増大すると1回拍出量は減少する。

3. 心拍出量は1回拍出量と心拍数の積である。

4. 後負荷が増大すると1回拍出量は増加する。

5. 後負荷と血管抵抗は無関係である。

4

9版 p.599

2 心臓について正しいのはどれか。1つ選べ。

1. 心筋を灌流した血液は左心房に戻る。

2. 収縮期の開始時に大動脈弁が閉鎖する。

3. 安静時に1分間に約10ℓの血液を駆出する。

4. 肺循環で酸素化された血液は右心房に戻る。

5. 僧房弁と三尖弁との閉鎖でⅠ音が発生する。

5

1. 心筋を灌流した血液は左心房に戻る。(×) 右心室から肺動脈に駆出され、肺、肺静脈を経て左心房に戻る。

2. 収縮期の開始時に大動脈弁が閉鎖する。(×) 収縮期の閉鎖時

3. 安静時に1分間に約10ℓの血液を駆出する。(×) 約5ℓ

4. 肺循環で酸素化された血液は右心房に戻る。(×)

5. 僧房弁と三尖弁との閉鎖でⅠ音が発生する。(○)

3 動脈血が流れているのはどれか。2つ選べ。

1. 門脈

2. 右心室

3. 左心房

4. 肺動脈

5. 腹部大動脈

3、5

1. 門脈

2. 右心室

3. 左心房

4. 肺動脈(×)全身から心臓へ戻る大静脈と、心臓から肺へ向かう肺動脈には静脈血が流れている。

5. 腹部大動脈

4 心周期に関わる組み合せで正しいのはどれか。1つ選べ。

1. P波 - 心室収縮

2. T波 - 心室の興奮回復

3. Ⅰ音 - 大動脈弁・肺動脈弁閉鎖

4. Ⅱ音 - 僧房弁・三尖弁閉鎖

5. QRS波 - 心房収縮

2

1. P波 - 心室収縮

2. T波 - 心室の興奮回復

3. Ⅰ音 - 大動脈弁・肺動脈弁閉鎖(×)心室収縮時に起きる音:おもに僧帽弁閉鎖音、大動脈弁開放音

4. Ⅱ音 - 僧房弁・三尖弁閉鎖(×)心室拡張の始まりに起きる音:おもに大動脈弁閉鎖音(ⅡA)と肺動脈弁閉鎖音(ⅡP)

5. QRS波 - 心房収縮

5 心室細動を最も来しやすいのはどれか。1つ選べ。

1. 緊張性気胸

2. 急性冠症候群

3. 急性気道閉塞

4. 肺血栓塞栓症

5. 心タンポナーデ

2
6 急性大動脈解離の合併症はどれか。2つ選べ。

1. 心室瘤

2. 乳頭筋断裂

3. 心室中隔穿孔

4. 心タンポナーデ

5. 大動脈解離弁閉鎖不全

4、5

4. 心タンポナーデ(○) 心臓を包む心膜内に血液が貯留し、心臓を圧迫して血圧が出なくなる。

5. 大動脈解離弁閉鎖不全(○) 急激な容量負荷によって左心室の圧も急激に高まるため、急性左心不全や肺水腫、心原性ショックなどに移行する。

7 急性冠症候群はどれか。1つ選べ。

1. 大動脈瘤

2. 不安定狭心症

3. 心タンポナーデ

4. 急性大動脈解離

5. うっ血性心不全

2
8 不安定狭心症の特徴で誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. ニトログリセリンが効きにくくなった。

2. 発作の間隔が長くなった。

3. 胸痛の持続が長くなった。

4. 胸痛の程度が強くなった。

5. 軽度の労作でも発作を誘発するようになった。

1
9 狭心症について正しいのはどれか。1つ選べ。

1. 労作性狭心症ではST上昇が起こる。

2. 安静狭心症は昼間に起こることはない。

3. 異型狭心症は冠動脈の器質的な狭窄である。

4. 安定狭心症にニトログリセリンは無効である。

5. 不安定狭心症はアテロームに血栓が形成されて起こる。

3
10 心タンポナーデでみられる所見はどれか。2つ選べ。

1. 奇脈

2. 脈圧上昇

3. 中心静脈圧低下

4. 四肢血圧の左右差

5. 心電図のQRS低電位

1、5
11 急性大動脈解離で誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 大動脈内膜に裂孔が生じる。

2. 原因にマルファン症候群がある。

3. 最も多い原因は動脈硬化である。

4. 60歳以上の女性に起こりやすい。

5. 合併症に心タンポナーデがある。

4

60歳以上の男性に多い。

12 うっ血性心不全について誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 起座呼吸を呈する。

2. 低酸素血症を呈する。

3. 肺水腫の原因となる。

4. 乾性ラ音を聴取する。

5. 頸静脈怒張がみられる。

4

乾性ラ音(×) 湿性ラ音を聴取する。

13 心タンポナーデの病態で正しいのはどれか。1つ選べ。

1. 血圧上昇、静脈圧上昇、心音増強

2. 血圧上昇、静脈圧低下、心音減弱

3. 血圧低下、動脈圧上昇、心音減弱

4. 血圧低下、動脈圧低下、心音減弱

5. 血圧低下、静脈圧低下、心音増強

4
14 心膜炎による胸痛の特徴で誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 鋭的

2. 局所性

3. 深呼吸で変化

4. 前傾姿勢で増悪

5. 数時間~数日持続

4

胸痛は呼吸運動や咳嗽、臥位で増強し、前傾した起坐位で軽減する。
9版 p.756

15 心室細動を最も来しやすいのはどれか。1つ選べ。

1. 心房細動

2. 心房粗動

3. 上室性頻拍

4. 完全房室ブロック

5. 多源性心室頻拍

5
16 心電図でSTの上昇が特徴的なのはどれか。1つ選べ。

1. 労作性狭心症

2. 急性心筋梗塞

3. 肺血栓塞栓症

4. 僧房弁狭窄症

5. 急性大動脈解離

2
17 心電図でPQ間隔が延長するのはどれか。1つ選べ。

1. 心筋虚血

2. 電解質異常

3. 脚ブロック

4. 房室ブロック

5. 心室性期外収縮

4
18 成人の胸骨圧迫心臓マッサージで適切に行われていると判断されるのはどれか。2つ選べ。

1. 胸骨の上半分を圧迫している。

2. 胸が3cm沈む程度圧迫している。

3. 100回/分のテンポで圧迫している。

4. 圧迫解除時に胸郭が元に戻っている。

5. 人工呼吸による中断時間が20秒である。

3、4

19 アドレナリン投与を実施する適応でないのはどれか。1つ選べ。

1. 目撃者のある8歳の児童の心室細動

2. 目撃者のない9歳の児童の無脈性心室頻拍

3. 目撃者のない10歳の児童の無脈性心室頻拍

4. 目撃者のない11歳の児童の心室細動

5. 目撃者のある7歳の児童の心静止

5

アドレナリン投与適応年齢は8歳以上 
9版 p.508

20 心電図で判断できないのはどれか。2つ選べ。

1. 呼吸数

2. 高カリウム血症

3. 脈圧

4. 心筋虚血

5. 心拍数

1、3

1. 呼吸数(×) 呼吸回数は評価できない。

2. 高カリウム血症(○) 心電図変化で評価できる。

3. 脈圧(×) 評価できない

4. 心筋虚血(○) 心電図変化で評価できる。

5. 心拍数(○) 脈拍数は表示される

21 アドレナリンの作用で正しいのはどれか。1つ選べ。

1. 徐脈

2. 血管収縮

3. 血圧低下

4. 気管支収縮

5. 心拍出量減少

2

上記不正解の選択肢はすべて逆。頻脈、血圧上昇、気管支拡張、心拍出量上昇

22 救急救命士による薬剤(アドレナリン)投与の対象年齢はどれか。1つ選べ。

1. 出生直後から

2. 1歳以上

3. 3歳以上

4. 5歳以上

5. 8歳以上

5
23 救急現場で心電図をプリントアウトしたところ、R-R間隔が15mm時の心拍数はどれか。1つ選べ。

1. 50/分

2. 60/分

3. 75/分

4. 100/分

5. 150/分

4
24 乳児(1歳未満)に対する胸骨圧迫手技について正しいのはどれか。1つ選べ。

1. 圧迫部位は胸骨中央部である。

2. 圧迫の交代は不必要とされている。

3. 圧迫には両手もしくは片手を用いる。

4. 圧迫の深さは胸の厚さの約1/3である。

5. 圧迫時間と圧迫解除時間の比は2:1である。

4
25 60歳の女性。夜中に呼吸困難を訴え救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識清明。呼吸数30/分。脈拍120/分。血圧120/80mmHg。傷病者はベッド上で起座位になっており、頸静脈の怒張と両下肢の浮腫を認めた。最も考えられる病態はどれか。1つ選べ。

1. 気胸

2. 肺気腫

3. 気管支炎

4. 過換気症候群

5. うっ血性心不全

5
26 30歳の女性。地震にて被災し、自家用車内で一夜を過ごした。翌朝、車から降りた際に激しい胸痛と呼吸困難を訴えたため家族が救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識JCS3。呼吸数28/分。脈拍120/分、整。血圧80/40mmHg。心電図モニター波形に異常は認めない。傷病者は息苦しさを訴えており、所持品にピルがあった。
この傷病者に最も考えられる疾患はどれか。1つ選べ。

1. 大動脈解離

2. 緊張性気胸

3. 急性心膜炎

4. 急性心筋梗塞

5. 肺血栓塞栓症

5
27 60歳の男性。就寝中に強い背部痛が出現したので救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識JCS20。呼吸数26/分。顔面は蒼白で四肢冷感を認める。また、橈骨動脈の拍動に左右差を認めた。最も考えられる疾患はどれか。1つ選べ。

1. 脳梗塞

2. 急性心筋梗塞

3. 肺血栓塞栓症

4. くも膜下出血

5. 急性大動脈解離

5
28 75歳の男性。狭心症の既往がある。早朝公園を散歩中に突然胸骨裏の激しい胸痛発作に襲われ、ベンチに座り込んだ。ポケットのニトログリセリンを舌下に服用しても、全く効果がなかったので救急要請した。救急隊現着時観察所見:意識清明。脈拍120/分。血圧85/60mmHg。顔貌は蒼白で冷汗を認める。胸痛の程度は変わらず、30分以上継続しているとのこと。最も考えられる疾患はどれか。1つ選べ。

1. 急性心膜炎

2. 労作性狭心症

3. 肺血栓塞栓症

4. 急性心筋梗塞

5. 急性大動脈解離

4
29 70歳の男性。最近60mほど歩くと左下肢に強い痛みを感じるようになった。今日も同様の痛みが強く歩けなくなったため救急要請した。救急隊到着時観察所見:呼吸数16/分。脈拍80/分、不整。血圧170/90mmHg。左下肢は蒼白で、足背動脈の拍動は認めない。この傷病者の病態で最も考えられるのはどれか。1つ選べ。

1. バージャー病

2. レイノー症候群

3. 深部静脈血栓症

4. 大動脈炎症候群

5. 閉塞性動脈硬化症

5

四肢の動脈に動脈硬化性の狭窄を生じて血流障害をきたすものをいう。狭窄は徐々に進行し、周囲には側副血管が発達する。高齢男性の下肢に多い。
比較的初期には間欠性跛行(一定距離を歩行すると虚血により下肢、とくに腓腹部に疼痛を自覚し、休むと軽快する)が特徴的である。

30 80歳の男性。半年前に心筋梗塞の既往がある。最近階段での息切れが目立ち、明け方より強い息苦しさがあったので救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識JCS1。呼吸数32/分。脈拍128/分、不整。血圧190/98mmHg。SPO₂値85%。座椅子に座って肩で息をしている。ここ1か月で体重が5kg増加しているとのことである。この傷病者で観察される所見はどれか。2つ選べ。

1. 顔面の紅潮

2. 血圧の左右差

3. 腹壁静脈の怒張

4. 泡沫状喀痰の喀出

5. 両肺野の断続性ラ音

4、5
31 42歳の男性。マラソン大会に参加中、崩れ落ちるように倒れるのを周囲のランナーが目撃し救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識JCS300。呼吸は観察できず、頸動脈の拍動を触知しない。バッグ・バルブ・マスクでの換気は良好である。倒れた直後からランナー達が心肺蘇生法を開始し、AEDを装着するも除細動は実施していない。救急隊が記録した心電図モニターは心室細動である。救急隊が次に行うのはどれか。2つ選べ。

1. 除細動

2. 胸骨圧迫

3. 血圧測定

4. 気管挿管

5. アドレナリン投与

1、2
※32 誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. ショックとは組織を灌流する血液量が低下し正常な細胞活動を営めなくなった状態である。

2. 出血量が全血液量の10%になると心拍数は増加する。

3. 出血量が全血液量の20%になると血圧は急激に低下する。

4. 脳の血流が乏しくなると意識が混濁し不穏状態になる。

5. 同じ量の出血でも進行が早いほど代償機転が追いつかず変化は激しくなる。

2、3
回答

1. ショックとは組織を灌流する血液量が低下し正常な細胞活動を営めなくなった状態である。(○)

2. 出血量が全血液量の10%になると心拍数は増加する。(×)15~30%で頻脈となる

3. 出血量が全血液量の20%になると血圧は急激に低下する。(×)出血量が15~30%

4. 脳の血流が乏しくなると意識が混濁し不穏状態になる。(○)

5. 同じ量の出血でも進行が早いほど代償機転が追いつかず変化は激しくなる。(○)

33 誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 重症急性膵炎や汎発性腹膜炎では脱水に等しい状態となり循環血液量が減少する。

2. 緊張性気胸、心タンポナーデによるショックは閉塞性ショックと呼ばれる。

3. 緊張性気胸では胸腔内圧が上昇し静脈灌流が阻害される。

4. 血液中に細菌が存在する状態を菌血症と呼ぶ。

5. 敗血症性ショックでは血管抵抗が減少する。

5

回答

1. 重症急性膵炎や汎発性腹膜炎では脱水に等しい状態となり循環血液量が減少する。(○)

2. 緊張性気胸、心タンポナーデによるショックは閉塞性ショックと呼ばれる。(○)

3. 緊張性気胸では胸腔内圧が上昇し静脈灌流が阻害される。(○)

4. 血液中に細菌が存在する状態を菌血症と呼ぶ。(○)※本来無菌であるはずの血液中に細菌が認められる状態を指し、通常血液培養によって証明される。 血流感染とも呼ばれる。

5. 敗血症性ショックでは血管抵抗が上昇する。(×)

34 誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 敗血症性ウォーム(温かい)ショックともいわれる。

2. 毛細血管の透過性が亢進すると血圧が上昇する。

3. 喉頭浮腫や気管支攣縮による気道の狭窄・閉塞は窒息の原因となる。

4. アナフィラキシーの特効薬はアドレナリンである。

5. 神経原性のショックでは血圧低下に心拍数増加が伴う。

5

回答

1. 敗血症性ショックはウォーム(温かい)ショックともいわれる。(○)

2. 毛細血管の透過性が亢進すると血圧が上昇する。(○)※毛細血管透過性亢進による大量の血漿損失とあいまって、静脈環流量は激減し著しい血圧低下を来します。

3. 喉頭浮腫や気管支攣縮による気道の狭窄・閉塞は窒息の原因となる。(○)

4. アナフィラキシーの特効薬はアドレナリンである。(○)※アナフィラキシーの症状を抑える薬として、速効性があり効果も高いアドレナリンの筋肉注射が第一に選択されます。

5. 神経原性のショックでは血圧低下に心拍数増加が伴う。(×)※神経原性ショックの症状としては血圧低下のほか徐脈をともない,四肢末梢の皮膚は暖かく,乾燥している。

35 誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 心拍出量を規定する因子は心拍数、心筋収縮力、静脈還流量である。

2. あらゆる臓器の中でショック(酸素不足)にもっとも弱いのは心臓である。

3. 脳血流が正常に維持される限界は平均血圧60mmHgである。

4. 頭蓋内の出血は単独で循環血液量減少性ショックをきたすことはない。

5. ブランチテストで2秒以内に回復しない場合は循環血液量が少ないと判断する。

2

回答

1. 心拍出量を規定する因子は心拍数、心筋収縮力、静脈還流量である。(○)

2. あらゆる臓器の中でショック(酸素不足)にもっとも弱いのは心臓である。(×)※一番酸素の消費量が多いのが脳です。わずか1400gですが、その消費量は全体の25%にも及びます。そのため、酸素不足に対しては最も敏感に反応し、酸欠にはとても弱い器官でもあります。

3. 脳血流が正常に維持される限界は平均血圧60mmHgである。(○)

4. 頭蓋内の出血は単独で循環血液量減少性ショックをきたすことはない。(○)

5. ブランチテストで2秒以内に回復しない場合は循環血液量が少ないと判断する。(○)

36 正しいのはどれか。2つ選べ。

1. ショック指数は心拍数(回/分)と収縮期血圧(mmHg)の積で表す。

2. ショック指数がもっとも有効に活用できるのは神経原性ショックである。

3. 酸素の投与はすべてのショックに対して必須の処置である。

4. 肺水腫を伴う心原性ショックでは下肢挙上を試みる。

5. 心原性ショックは突然の心室細動など急変しやすい。

3、5

回答

1. ショック指数は心拍数(回/分)と収縮期血圧(mmHg)の積で表す。(×)心拍数と収縮期血圧の商が正答である。

2. ショック指数がもっとも有効に活用できるのは神経原性ショックである。(×)循環血液量(出血性)ショックに有効である。

3. 酸素の投与はすべてのショックに対して必須の処置である。(○)

4. 肺水腫を伴う心原性ショックでは下肢挙上を試みる。(×)

5. 心原性ショックは突然の心室細動など急変しやすい。(○)

37 正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 心臓は胸骨裏面に接した前縦隔に位置している。

2. 冠状静脈洞は左心房に開口している。

3. 肺静脈は左心房の後方に流入している。

4. 心臓への血液供給は冠状動脈により心内膜側から行われる。

5. 大動脈弁閉鎖から僧帽弁閉鎖までが収縮期である。

1、3

回答

1. 心臓は胸骨裏面に接した前縦隔に位置している。(○)

2. 冠状静脈洞は左心房に開口している。(×)冠状動脈洞は右心房に開口が正解。

3. 肺静脈は左心房の後方に流入している。(○)一番後方に位置する部屋である左心房に流入する血管なのが肺静脈である。

4. 心臓への血液供給は冠状動脈により心内膜側から行われる。(×)冠状動脈は心外膜側を走っており、心内膜側の心筋細胞はもっとも血液(酸素)の供給を受けにくい。

5. 大動脈弁閉鎖から僧帽弁閉鎖までが収縮期である。(×)僧房弁・三尖弁閉鎖と大動脈弁・肺動脈弁開放が”収縮期”という。

38 誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 心拍出量は1回拍出量と1分間心拍数の積で表される。

2. 痛風は動脈硬化のリスクファクターとなる。

3. 心筋症には家族性のものがある。

4. 虚血性心疾患にみられる胸痛は頸部や下顎部に放散することがある。

5. 指先で胸痛の部位を指し示す場合は虚血性心疾患の可能性が高い。

5

回答

1. 心拍出量は1回拍出量と1分間心拍数の積で表される。(○)

2. 痛風は動脈硬化のリスクファクターとなる。(○)高尿酸血症は痛風を引き起こすだけでなく、動脈硬化による大血管障害(狭心症、心筋梗塞、脳梗塞など)の危険因子となる。

3. 心筋症には家族性のものがある。(○)拡張型心筋症および肥大型心筋症においても家族内にもこの病気が認められる可能性がある。

4. 虚血性心疾患にみられる胸痛は頸部や下顎部に放散することがある。(○)下顎、頸部、肩痛など、前胸部以外の場所へ放散することがある。

5. 指先で胸痛の部位を指し示す場合は虚血性心疾患の可能性が高い。(×)「正しく指差すことができない」というのが狭心症や心筋梗塞の特徴。

39 誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 労作性狭心症と安静時狭心症は痛みの部位や性状が同じである。

2. 異型狭心症は夜間就寝中に起こる。

3. 心膜炎による胸痛は深呼吸や体位変換で変化する。

4. 大動脈解離では痛みが頸部や頭部に及ぶことがある。

5. 肺血栓塞栓症による呼吸困難症状を伴わない。

5

回答

1. 労作性狭心症と安静時狭心症は痛みの部位や性状が同じである。(○)

2. 異型狭心症は夜間就寝中に起こる。(○)若い世代ではこのタイプの狭心症が多く、夜間から早朝に起こりやすいのが特徴です。

3. 心膜炎による胸痛は深呼吸や体位変換で変化する。(○)しばしば深呼吸により悪化する。

4. 大動脈解離では痛みが頸部や頭部に及ぶことがある。(○)

5. 肺血栓塞栓症による呼吸困難症状を伴わない。(×)

40 誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 心臓性の呼吸困難の多くは混合性呼吸困難となる。

2. 動悸とは心臓の拍動を自覚したり以上に強く感じる状態である。

3. 心臓神経症では整脈でも動悸を感じることがある。

4. 血管迷走神経反射や自律神経障害でみられる失神は血圧低下が関与する。

5. アダムス―ストークス症候群の原因に完全房室ブロックがある。

1

回答

1. 心臓性の呼吸困難の多くは混合性呼吸困難となる。(×)浮腫(肺水腫や心不全など)による換気障害は拘束性換気障害にあたる。閉塞性換気障害の代表的疾患(気道狭窄:喉頭・咽頭浮腫、気管腫瘍など)

2. 動悸とは心臓の拍動を自覚したり以上に強く感じる状態である。(○)

3. 心臓神経症では整脈でも動悸を感じることがある。(○)心臓神経症は心臓そのものに効く薬は不要で精神安定剤で治療される病気。

4. 血管迷走神経反射や自律神経障害でみられる失神は血圧低下が関与する。(○)過度のストレスや強い痛み、恐怖心などが原因となり迷走神経が刺激され、末梢の血管が拡張し血圧が低下するために、脳に十分な血液が送れなくなり起こります。

5. アダムス―ストークス症候群の原因に完全房室ブロックがある。(○)恒久的徐脈(永続的に徐脈が続くあるいは完全房室ブロックにより失神をきたす病態)をいう。

41 正しいのはどれか。1つ選べ。

1. 心不全による浮腫は立位では下肢や足背に強くみられる。

2. 心タンポナーデでは脈圧が高くなる。

3. 近似肢誘導の電極装着部位は両肩と左前胸部下部である。

4. NASA誘導はQRS波の描出に優れている。

5. 半座位では前負荷が増加する。

1

回答

1. 心不全による浮腫は立位では下肢や足背に強くみられる。(○)心不全の初期に見られる症状として、下腿(脚)の前面や足背、足の甲を指で押さえるとくぼみができるような「むくみ」を認めるようになる。

2. 心タンポナーデでは脈圧が高くなる。(×)血圧・脈圧の低下、奇脈(吸気時の収縮期血圧低下が顕著となり10mmHg以上低下する状態)、頻脈、頸静脈怒張、心音減弱など、心膜腔圧の上昇に起因する1回拍出量の低下と右房圧・中心静脈圧の上昇を反映した身体所見が認められる。

3. 近似肢誘導の電極装着部位は両肩と左前胸部下部である。(×)救急隊が心電図をモニターする場合、胸部近似Ⅱ誘導が用いられる。説明書によれば電極の位置は右鎖骨右端部と左肋骨弓下端となっている。

4. NASA誘導はQRS波の描出に優れている。(×)筋電図の混入がもっとも少ない誘導法はNASA誘導である。この誘導はP波の鑑別がしやすい特徴がある。

5. 半座位では前負荷が増加する。(×)座位(半座位)をとると横隔膜が下がり、呼吸面積が広がり呼吸がしやすくなる。そのため、肺のうっ血状態(前負荷)が軽減します。

42 正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 右心不全は左室梗塞や肺障害でみられる。

2. 右心不全では頸静脈の怒張、肝腫大、腹水貯留などがみられる。

3. 左心不全では肺うっ血がみられる。

4. 心内膜側より心外膜側のほうが虚血に陥りやすい。

5. 一過性心筋虚血に起因する胸痛症候群を狭心症という。

2、3

回答

1. 右心不全は左室梗塞や肺障害でみられる。(×)左心不全では肺に血液が溜まり(肺うっ血)、やがて肺が水浸しの状態(肺水腫)になる。右心不全では全身にうっ血が生じ、頸静脈怒張や下肢浮腫を伴う。

2. 右心不全では頸静脈の怒張、肝腫大、腹水貯留などがみられる。☆肝腫大について⇒血液が循環しないために肝臓に血液がうっ滞する。(○)

3. 左心不全では肺うっ血がみられる。(○)左心不全は心拍出量の低下により、肺循環(左心系)が障害された状態をいう。また、左心不全が続くと、肺うっ血に伴う肺高血圧が右心室への負荷となり、右心不全も併発。両心不全を引き起こす。

4. 心内膜側より心外膜側のほうが虚血に陥りやすい。(×)心内膜側の方が虚血に陥りやすい。が決まって心内膜側に起こるのは、冠動脈が心外膜側を走行しており、心内膜側の心筋細胞がもっとも血液(酸素)の供給を受けにくいから。

5. 一過性心筋虚血に起因する胸痛症候群を狭心症という。(○)労作性狭心症は労作による心筋酸素要求増加により一過性の心筋虚血状態をきたし胸心痛を伴う疾患。

43 誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 労作性狭心症の胸痛は安静により消失する。

2. 冠状動脈攣縮は運動によって誘発されることがあるが安静時に発生することが多い。

3. 急性心筋梗塞と不安定狭心症の違いは心筋壊死の有無である。

4. 不安定狭心症は硝酸薬の反応が悪い。

5. 不安定狭心症の発症機序は心筋梗塞と同じである。

2

回答

1. 労作性狭心症の胸痛は安静により消失する。(○)労作と関係なく安静時に生じた場合、安静狭心症を疑う。重症化の兆しでもある。

2. 冠状動脈攣縮は運動によって誘発されることがあるが安静時に発生することは少ない。(×)

3. 急性心筋梗塞と不安定狭心症の違いは心筋壊死の有無である。(○)冠動脈の狭窄で急激に狭心症の症状が悪化するような状態を不安定狭心症。冠動脈の狭窄が高度、あるいは完全に閉塞して心筋壊死が生じたものを”心筋梗塞”という。

4. 不安定狭心症は硝酸薬の反応が悪い。(○)新たに発症した狭心症(一般に3週間以内)や発作の頻度やパターン(持続時間、狭心痛の強さ、ニトロ製剤に対する反応性など)が変化してきた狭心症を不安定狭心症といいます。

5. 不安定狭心症の発症機序は心筋梗塞と同じである。(○)

44 誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 狭心症の原因に、冠状動脈の器質的狭窄によって起こるものや冠動脈の攣縮によって起こるものがある。

2. 左冠状動脈回旋枝閉塞では左心室後壁に梗塞が認められる。

3. 心室瘤は不整脈の原因とはならない。

4. 急性心筋梗塞発症初期に心室性不整脈を認めることが多い。

5. 下・後壁梗塞ではブロックが生じやすい。

3

回答

1. 狭心症の原因に、冠状動脈の器質的狭窄によって起こるものや冠動脈の攣縮によって起こるものがある。(○)

2. 左冠状動脈回旋枝閉塞では左心室後壁に梗塞が認められる。(○)左冠状動脈前方の系統は前下行枝と分岐で心室中隔、左心室前壁・側壁に血流を供給する。一方、後方の系統は回旋枝で左心室後壁に血流を供給します。

3. 心室瘤は不整脈の原因とはならない。(×)

4. 急性心筋梗塞発症初期に心室性不整脈を認めることが多い。(○)心室性不整脈が発生しやすく、心室細動に移行する危険性がある

5. 下・後壁梗塞ではブロックが生じやすい。(○)

45 正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 「初めて感じた胸痛が急性心筋梗塞だった」という方の割合は7割を占めている。

2. 糖尿病合併の女性では無痛性梗塞の場合がある。

3. 心筋梗塞の重症度の程度はハント―コスニック分類で表現される。

4. 心筋梗塞の5年生存率は約10%である。

5. 急性前壁心筋梗塞では近似肢Ⅰ誘導にのみST上昇が認められる。

1、2

回答

1. 「初めて感じた胸痛が急性心筋梗塞だった」という方の割合は7割を占めている。(○)

2. 糖尿病合併の女性では無痛性梗塞の場合がある。(○)他には”高齢者”、”慢性腎不全”、”高血圧”が存在すると言われている。

3. 心筋梗塞の重症度の程度はハント―コスニック分類で表現される。(×)キリップ分類で評価している。

4. 心筋梗塞の5年生存率は約10%である。(×)90%以上というデータがある。

5. 急性前壁心筋梗塞では近似肢Ⅰ誘導にのみST上昇が認められる。(×)Ⅰ、aVLに変化がみられる。

46 正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 非貫壁性心筋梗塞では心電図のどの誘導からもST上昇だけがとらえられる。

2. 心タンポナーデは心室の拡張制限と収縮障害をきたす。

3. 心膜炎では心膜腔内に主として血液が貯留する。

4. 血圧低下、静脈圧低下、心音減弱をベックの3徴という。

5. 心タンポナーデでは心電図の振幅が大きくなる。

2、3

回答

1. 非貫壁性心筋梗塞では心電図のどの誘導からもST上昇だけがとらえられる。(×)虚血が心内膜側にとどまる非貫壁性虚血の場合は、STが低下する。

2. 心タンポナーデは心室の拡張制限と収縮障害をきたす。(○)

3. 心膜炎では心膜腔内に主として血液が貯留する。(○)心膜炎の原因が外傷、がん、または心臓手術の場合には血液貯留を認める。

4. 血圧低下、静脈圧低下、心音減弱をベックの3徴という。(×)①血圧低下②頸静脈怒張③心音減弱

5. 心タンポナーデでは心電図の振幅が大きくなる。(×)小さくなる。

関連記事も参考に

コメント

  1. […] 【国試対策】心電図/循環系問題救急救命士国家試験を合格しなければ、救… 心電図 救急隊員の悩み 心電図 救急隊のリアル シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー sue-aをフォローする sue-a sue-a.org […]

  2. […] 【国試対策】心電図/循環系問題救急救命士国家試験を合格しなければ、救… 国試問題 心電図 分野別問題 国試問題 シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー sue-aをフォローする sue-a sue-a.org […]

タイトルとURLをコピーしました