【若い消防士が知りたい事】それは消防士の将来性だ!【貧乏なまま?お金持ちなれる?】

消防/救急の働き方と生活

こちらの記事は、>>消防士/救急隊員の仕事内容と生活を徹底解説【消防士の本音を話します】の詳細記事になります!

本記事執筆にあたり、現役消防士(救急救命士)の息子に執筆活動を協力してもらいました!

若い消防士が知りたいことを今回の記事で深堀りしていきます。

・消防士の仕事って将来なくなる可能性がある職業なの?

・消防士として採用されたけど、消防の仕事に不満ばかり。今後も続けていいものか…

・それより若い今のうちに、民間で自分の実力を試した方がいいのではないか…

・消防士として働き続けて給料ってちゃんと増えるの?今の給料に不満…

こういった気持ちを抱いてモヤモヤとした気持ちで働いている消防士は多いのではないでしょうか?

「仕事に不満をもち、このままでいいものか悩んでいます。このまま歳を重ねて自分の求める仕事ができるのだろうか…。

と。

わたしは元消防士で、これまで長く消防士を続けてきました。

わたしの息子は現役消防士。 

だから最新の消防情報もリサーチして発信しています!

本記事では、上記で挙げた若い消防士が知りたいことについて解説します。

sue-a
sue-a

「若い消防士の知りたいことを深掘りして考えていくと、2通りの考え方にわかれてきます。」

消防の仕事に不満や疑問を抱いている若い消防士の考えていること。それは、

・消防を辞めたい

・消防を辞めるまでにはなっていないが、給料面や将来性に不安を抱いている

この2つです。

もちろん、消防大好き!もっと消防の業務を極めていきたい!

こういう気持ちをもっている熱血消防士には無関係なのでここからの話。読む必要なしです✘

ただ、消防の仕事に不満や疑問のある方はぜひ読んでみてください。

この記事を読むメリット

この記事を読めば、若い消防士だからこそ思い悩むポイントである

・転職したくなるのは人間関係が大きく絡む!!消防社会ハラスメント事情を理解できる

・救急隊員のストレスは「現場よりも病院とのやり取り」にある

・消防を辞めたいと思ったときに行うべき具体的アクションプランを徹底解説

・消防士の給料UPを早める手順は?

・消防士として働くモチベーションを上げる具体的なアクションプランとは!?

上記のポイントを学べる記事構成になっています。

そして本記事の結論はこちらです。

消防士は将来性のある仕事です。そして、お金持ち、貧乏人になるかはあなたの向き合い方次第!

どう感じるのかが重要です!!

解決策は2つ。

・辞めて高収入の仕事に就くか

・消防士を続けながら自分のお金の使い方をコントロールするか

この2通りの選択肢!

それでは行きましょう!

Sponsored Links

消防士の将来性

消防士の仕事はこれからも増え続けると予想されます。

それは災害対応など消防士へのニーズは伸びているからです。

近年も、ゲリラ豪雨や台風による被害は毎年のように発生

首都直下型地震、南海トラフ巨大地震などの災害への不安

上記のようなことから、国民の持つ災害意識は高まる状況です。

今後も消防士へのニーズは高まり続けていくでしょう。

消防士数も増加している

令和元年 消防白書

公務員削減が揶揄されるご時世ではありますが、消防職員数は右肩上がりに増加しています!

それは先に伝えたように災害対応や少子高齢化などで救急需要の高まりが大きな影響を及ぼしています。

今後も必要な職業として様々な活躍が期待されています。

女性消防士採用の促進

女性消防士の数も増加傾向です。

消防は火を消すだけが仕事ではありません。火災予防、救急など多様なニーズに対応するため女性採用を総務省消防庁から推進しています。

上のグラフで示すように増減率は4.7%と僅かずつですが増加しています。

様々な意見が述べられていますが、消防士は今後も将来性のある仕事として生活になくてはならない仕事といえます。

Sponsored Links

消防を辞めたい

消防士をやっていて、理不尽な上司や雑務ばかりで思い描いていた仕事もできずストレスを感じている。辞めたい。

消防署では、納得できないこと多々あります。

・理不尽な上司
・雑務ばかりでまともな仕事もなし

こういったことが普通に発生しています。

消防署に蔓延する○ハラ上司。

これは色々なタイプがいるため、一概に”この○ハラ上司がいるから気をつけてください”とは言い切れません。

しかし”こういうタイプは多いから気をつけましょう!”ということは言えますから。

こちらの>>消防署に勤めるハラスメント上司5選【こういう上司に気をつけろ】では、

これはやばい💦こんな人ばかりなの!?消防署は??

意外な消防署のリアルを描いています。

消防署内だけじゃない人間関係で大変なこと…

sue-a
sue-a

「もう一つ。これは消防士ではなく、救急隊員にある話なのですが、けっこう悩ましいこと。それは救急隊員が行う病院連絡です。

「消防署の人間関係だけでなく、そういったことにまで気を遣うなんて…病院連絡ってそんなに大変なの?

どういったことがストレスに感じているのだろう?」

この質問の結論は、“病院スタッフとのやりとり”です。

なぜなら、病院によって受入体制が違っているからです。

具体的には、下記のような点です。

病院の方針で積極的に受け入れる方向の病院

⇒「脳卒中疑いの傷病者です。右片麻痺を認め、血圧は高値です。既往歴は高血圧で、○○病院(収容依頼している病院とは別病院)かかりつけです。収容いかがでしょうか?」 

「はい、どうぞ。名前と生年月日を送ってください。搬送まで何分くらいですか?」 

ここまで概ね5分かかりません。

公立の基幹病院 受け入れを渋ることが多い病院

⇒「脳卒中疑いの傷病者です。右片麻痺を認め、血圧は高値です。既往歴は高血圧で、○○病院かかりつけです。収容いかがでしょうか?」

「その人の家族は来ているの? かかりつけ病院ではみれないの?」

「今日の脳外(※)の先生、本物じゃないとみないよ。大丈夫?」 ※脳神経外科の略

救急隊員「はー…えーっとですね💦💦 早く搬送したいのにな…。」

sue-a
sue-a

「ここでの話はリアルですよ!救急隊をしていて実際にあった話に基づいて伝えています😢」

病院連絡のストレスに関して深掘りした記事は >>【救急隊の本音】病院連絡…疲れます!病院連絡の失敗談&病院連絡が上手になる本を紹介 で詳しく解説しています。

記事内では”病院連絡は疲れる”と言われる正体を突き止めていきます!

  

ストレスを最小限にするための救急隊員が心がけていること

救急隊員をしていてストレスに感じる場面は多々発生してきます。

ストレスを真に受けて対応していては身が持ちません✘

例えば、

・救急現場で酔っぱらいとの対応

・時間経過のある傷病者を目にしたときの精神的ストレス

・病院とのやりとり

などです。

そこに関して、

・腹が立つような救急事案では、傷病者搬送を済ませた後のフィードバック時などに「不満を話し共有できる関係性を構築しておく」など、救急隊員のストレスはけ口を用意しておく

・精神的ストレスの感じる凄惨な現場に出動した時には、隊でデフュージングを行う

デフュージングは、ストレスを受ける現場に行った後、隊長の司会で簡単な会話をする事でストレスを軽減する、言い方を変えるとストレスを溜まりにくくする、このような事が目的です。

http://csrm.boo.jp/csrm/CIS2.html

上記のように対策しています。

sue-a
sue-a

「その中で病院連絡も大きなストレスの一つです。わたしたちもバカじゃありません。

これまでの経験から”ここは抑えておきたいよね”という部分をピックアップしています!」

具体的なポイントはこちら 

1.「そちらのかかりつけなので」は多用する 

2.重要なことを後回しにする 

3.選定科目と見当違いな病状を先に伝える

「あれっ💦そういえば、けっこう”かかりつけなので~”って使っているかも…」

「いやいや、そんなこと言ってないな。…でも、病院で”聞いていた話と全然違うのだけど”的なことを言われたことはある」

そういった気持ちになった人は要注意です。

こういった状況というのは自分では”違う”と思っていても、よく考えてみると当てはまるケースのある話です。

誰もが知らず識らずの内に病院で医師に怒られる状況を作り出すキーワードを使用している可能性があります。

詳しい内容は別記事、>>【救急隊員のための病院連絡】病院連絡で学んだ医師に怒られないチェックリストを解説にまとめています。

こんなことって現実にあるの?と思うかもしれません…

ただ悲しいですが、現役救急隊員が目のあたりしている”リアル”です!


もちろん全ての病院で当てはまるわけではないですよ。

それは病院の受入体制が、それぞれで異なるから。
でも、救急隊を”足で使う”ような病院もありますので、救急隊員をしている/目指している人は知っておいて損はないはず

救急隊員になったら学んでおきたいスキル

救急隊員になったら学んでおきたいスキル…それはI-SBAR-C、MISTの病院連絡ツールです。

おそらく誰しも通る道なのは病院連絡です。

それをいかに問題を起こさずやり抜けるか…それも救急隊員の能力です。

こういった悩みを抱く人も多いのではないでしょうか?

病院連絡ビギナー救急隊員の悩み 
病院連絡ビギナー救急隊員の悩み 

「病院連絡をこれからやっていかないといけないのだけど、自信が沸かないな… 要点をつかんだ病院連絡ができるようになりたい!」

大前提として病院連絡は難しいです。 

なぜなら、相手がいることなので伝わり方が変わってくるからです。 

「言った言わない」で病着後に押し問答なんてこともよく発生します💦 

 病院連絡で気にしなければいけないことは結構あります。 

例えば、 

  • 医師/看護師の雰囲気 
  • 選定科目の有無 
  • プレゼン力 

上記の点です。 

sue-a
sue-a

「わたし自身も相当苦労しました。病院連絡しないといけない隊長を勤める日の朝は、胃がキリキリしていましたから。」 

                

わたしがどういった経験の中で病院連絡の苦痛を改善していったのか…その軌跡は、こちらの >>救急隊員の病院連絡は”型”を覚えて伝えると楽【I-SBAR-C/MIST活用術】 の記事内で詳しく書いています。

【最新の救急事情】2020年、消防士のストレスは新型コロナの脅威により大きく変化!!

2020年は消防にとっても変革の年でした。

それは、「感染症対策」についてです。

皆さんの生活も一変したことでしょう。

・リモートワーク

・時差出勤

・ソーシャルディスタンス

・マスクの常用化

「非常事態宣言」も発令されて、人との接触が恐怖となってしまいました。

消防…特に救急でも新型コロナウイルス感染対策のために様々なことが行われました。

sue-a
sue-a

「2020年。明らかにこれまでとは違う状況下で救急活動を行ってきました。

ここに関しては、現役消防士(救急救命士)の息子が別ブログで詳しく語っています。」

Sponsored Links

消防署の実態を知って耐えられなくなったら…【辞めるための具体的なアクションプラン】

「もうこれ以上耐えられない。どうしたらいいのだろう。

これまで、消防で働いていて同じような経験をしてきた人がいるのなら、どうやって解決してきたのか教えてほしい。」

sue-a
sue-a

「こういった限界まで達しかけている人も、この内容を検索している人の中にはいるはずです。

“自分の働いている消防署が普通なのか。それとも異常なのか“を明白にしたいからです。」

結論から伝えると、“行動を起こす“ことをわたしはおすすめします。具体的なアクションとして、

・然るべき部署へ相談する

・自分の市場価値を確認する

・転職エージェントに登録する

です。

もし、あなたの直属の上司に不満があるとするなら、その人物と一生仕事を共にするわけではありません。

まずは、今起こっていることをメモするなどして記録として残し、それを然るべき部署(=総務部など人事に関わる部署)に相談するのです。

この記事では書ききれないので、詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

>>【転職or消防士続ける】消防士の仕事に諦めかけている人が読むべき本を紹介について詳しく解説しています。

辞めたことを後悔しないために転職サイトや転職エージェントなどに登録する

そして、具体的に何をすればいいかというと、転職サイトや転職エージェントなどへ登録をします。


なぜなら、あなたにあった仕事を一緒に探してくれ二人三脚で転職活動をできるからです。

自分だけの主観ではなく、客観的に適性をみてくれるので、あなたの思いつかないような仕事が見つかるかもしれません

詳しくは>>消防士、救急救命士の正しい転職手順を徹底解説!の記事でまとめています。

おすすめ転職サイト/転職エージェント/転職サービスをみたい方はこちらを!

>>消防士・救急救命士におすすめ転職サイト/転職エージェント/転職サービス


まずは、行動してみませんか?

自分の市場価値について知っておく!

「自分の市場価値ってどのくらいなのだろう?それだけでも知りたい!」

sue-a
sue-a

「それなら、ミイダスという市場価値を判断してくれる転職サービスがあります。
スマホで情報を入力していくだけなので、どこかへ行く必要もなく結果が表示されます。」

ミイダスを使用したレビュー記事を作っていますので参考にしてください。

>>消防士(救急救命士)がミイダスを使用して市場価値診断した具体的な手順を解説

救急救命士資格のある方向け【資格を活かせる仕事先も知っておこう】

消防士の中には、救急隊として仕事を行っていくために救急救命士資格を取得した多くの消防職員がいます。

そういった人たちに朗報とも言えるのは「救急救命士の働ける場所は広がっている」ことです。

具体的な職業を挙げていくと

自衛隊・海上保安庁・警察官

民間救急

介護タクシー

救急救命士養成機関

病院

消防署でしか活かせる資格じゃなかったのに、多くの場所で活躍できるような時代へと変わりつつあります。

もし、消防士の中でも救急救命士資格を取得して勤めている方であるなら、こちらの記事を読んでほしいです。

救急救命士の働ける場所は以前と違い、幅広くなっています。>>【元救急隊員が解説】救急救命士の働く場所はどこ?【救急救命士の就職先】では詳細に救急救命士の就職先についてまとめています!

”消防を辞める”までにはなっていないが、給料面や将来性に不安を抱いている人へ

もうひとつは、仕事は嫌いではないけど、このままで本当にいいのか?と将来について考えている人です。

辞めたいというより、「給料があがるのか?」など漠然とした不安を抱いている人

“給料面について“の結論は、「若い年代はなかなか上がらないけど、歳を重ねると共に年収upしていく」です。

消防士は公務員です。まだまだ、年功序列社会の制度が色濃く残っています。

年収は5年で約100万ほどUP

2015年

2020年

※これは30代独身、現役消防士(息子)の収入データです。

実際の手取り収入に関してみても年収は5年で約100万ほどUPしています。

ですので、給料は基本的には右肩上がりに上昇していきます。

消防士の給料については別記事にまとめています。>>救急救命士の年収は?【30代救急救命士の金額を公開】を見てください!

消防士が受けられる”手当て”で収入も変わってくる

「災害手当とか消防士は公務員の中でも手当ての種類も特殊でよくわからないのだよね。

いろいろと手当ては付いているのだけど、いまいち理解できていなくて…。」

具体的な手当ての数を挙げていくと…

  • 特殊勤務手当
  • 時間外勤務手当
  • 期末手当
  • 勤勉手当
  • 休日(祝日)勤務手当
  • 夜間災害出動手当
  • 扶養手当
  • 地域手当
  • 住居手当

手当てがあることで年間100万以上金額が変わってきます。

つまり、消防士は基本給は高くなくても手当てによって収入を増やせているのです。

消防士の手当てについてもっと知りたい方は、こちらの>>【給与明細書から理解する】消防士の手当てを読んでみてください。

消防士のリアルな給料と手当ての種類がわかります。

消防士として給料があがるのかについては、先にお伝えしたとおり必ず上がります。

消防士は公務員であり、年功序列社会だからです。

とはいえ、早く給料をあげたいと考える人も多いですよね。

早くあげる方法はシンプルに「昇任する」ことです。

給料UPのための具体的なアクションプラン【昇任する】

給料を上げるため昇任する手段もあります。

大規模消防の救急係長で出動件数の多い消防署では年収1000万円も狙えます!

早くから昇給することで、若い年齢からでも収入を上げることはできます。

同時に注意点も出てきます。昇任試験を受験するに際して以下のことは考えなくてはいけません。

・階級をあげたことで責任のある立場となる

・自分のことはもちろん、チーム(係)全体のことを考えなくてはいけない

つまり、立場はかわって“部下をあずかる立場”となるのです。その立場になるからこそ自分のことだけを考えていてはいけません。

そういったことを踏まえて昇任試験を受けていかなければなりません。

消防士の昇任試験について詳しくまとめた記事はこちらの>>【現役消防士が解説する】消防士の昇任試験対策で解説しています。

昇任すれば、40代で年収1000万円も全然夢ではありません

「よーし!昇任試験を受けてどんどん給料をあげるんだ!」

とやる気になっている人に対しては、どんどん問題を解きましょう!

※現在作成中 : 消防士の昇任試験【徹底的に解く!】

で多くの問題に取り組むことができます。

消防士の仕事でやりがいを見つけるための具体的なアクションプラン【自分で調べた内容を発表する】

sue-a
sue-a

「給料以外にも、やりがいのある仕事をやりたい」と考えている人もいるでしょう。

”何もやらない上司・先輩と同じようにはなりたくない”と感じて仕事をしている消防士も少なくありません

  

その熱い気持ちは、もっと自己研鑽に活かしてみてはどうでしょうか?」

1つの最適解として、“自分で調べた内容を発表する”というのも良いですよ。

わたしが救急隊だった頃は、よく発表をするようにしていました。こちらの記事で、発表についての経験と心得、手順を解説しています。!詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

⬇⬇⬇

>>救急隊員の自己研鑽の場とは?救急隊になってからの過ごし方が救急人生の勝ち組か負け組か明暗を分ける!

また、これからは消防業界も大きく変化してくる可能性があります。結論から話しますと、これまでの年功序列制度から、成果評価制度へ変わっていきます。公務員改革の一環ですね。

  

まとめ:消防士は将来性のある仕事です。そして、お金持ち、貧乏人になるかはあなたの向き合い方次第です

結論から話します。

消防士は将来性のある仕事です。AI化される職業がたくさん取り上げられていますが、消防士の仕事がコンピューター制御される時代はまだ先の未来の話。

そしてお金持ちになれるかについてですが、これはあなたの考え方次第です。

例えば、

①年収1000万の高収入の人がいたとしても、財布から出ていくお金が800万円

②年収600万の平均収入の人が、年間出費350万

の両者。年収だけでは①のほうが上です。

しかし、収支を計算すると、②の人の方が250万も貯金できており財政健全家庭と呼べるのです。

もちろん、手取り収入は税金を差し引かれるため、これと同じようにはなりません。

それに年収が高いほど、高い税率をかけられてしまうので手取り年収は下がります。

以前、別記事でも書きましたが

・食事から身につけるものまで、こだわって高価なものでなければ納得できない。

・住むところも立地のいい高層住宅。

・乗る車も高級車

こういった生活レベルの人では、消防士の夫一人の収入ではやっていけません

つまり、どれくらいの生活を望んでいるかによって、消防士としての生活を貧乏だな…、裕福だな…どちらに感じるか違ってきます。

例えば、こういう性格の人なら大丈夫↓

・節約生活も苦にならず逆に楽しめるような人。

・「いいもの = 高級品」ではなく、自分が価値を感じているものを購入する。

・自分の好きな人と、好きな場所で一緒に楽しめるなら、それだけで充実。

…消防士は安定して収入ももらえるから計画しやすいし安心😃

消防士となったことでハッピーな気持ちで過ごせている人はたくさんいます。

不景気でリストラされる人が多い時代なのに、ちゃんと給料もボーナスも支払われていますからね。

こういった消防士の生活のことや、お金が少ないと思う人が取るべき選択肢は何なのかということを別記事>>【消防士と結婚】給料は高くなくてもやっていける“共働き”という選択の中で語っています。

もちろん満足できない人もいるでしょう。そういった人は消防士を辞めて高収入を狙える職業に転職を検討していった方がいいです。

年収は飛び込む業界によってほぼ決まってきます。

現代ではIT業界が伸びています。

別記事の>>消防士・救急救命士におすすめ転職サイト/転職エージェント/転職サービスで、題名のとおり消防士に合わせた転職をサポートしてくれる転職エージェントを紹介しています。

今回は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました