救急救命士養成所ってどんなところ?【結論|勉強が足りないと厳しい場所に】

消防/救急の働き方と生活
Young caucasian white gardener plants a tree. Cheerful man putting small young plant into the pit. Environmental protection and gardening concept. Vector cartoon illustration. Square layout.

「救急救命士養成所について教えて下さい。消防に就職してから救命士になる方法で救命士養成所に行きます。救急救命士養成所は厳しいと聞きますが、本当ですか?

それに救命士専門学校で2~3年かけて学ぶ事を、数ヶ月で何を学ぶのですか?

時間的に全部は無理な気がしますが・・・」

こんな疑問を解決します。

記事の内容

・救急救命士養成所は鬼勉強する場所!だから、やっておくべきこと【行く前|行った後】

・救急救命士養成所は勉強せずに行くと割と厳しい!|厳しい理由は2つあります

・救急救命士養成所に行くのはまだ早いと感じる人の特徴3選

・救急救命士養成所ってどんなところ?と思う人が疑問に思うこと

この記事を書いている私は元消防士です。

ブログやTwitterで消防や救急に関わる情報を発信しています。

今回は現役消防士の息子から情報を得て記事執筆しています。

「私はエルスタ東京に行っていました。

また、後輩には県の養成所に行った者がいるので、エルスタ東京以外の救急救命士養成所の話も含みます。

よろしくお願いします。」

結論から言うと、救急救命士養成所は鬼勉強できて、仲間も増える楽しい場所!!です。

楽しい場所なのですが、勉強が追いついていないと厳しい監獄みたいな場所に変貌します!

そのため、事前学習は必須!

本記事では、救急救命士養成所が厳しい場所と感じる理由と、やるべきことを解説していきます。

また、後半では救急救命士を目指す消防士が今の状況で平気なのか、それともまだ早いのかを測るチェックリストも用意していますので最後まで読んでみてください。

それでは行きましょう!

Sponsored Links

救急救命士養成所は鬼勉強する場所!だから、やっておくべきこと【行く前|行った後】

救急救命士養成所はどんなところ?と聞かれたら、救命士になるため猛勉強する場所と答えます‼

それも、現場をよく知っている講師、教授が指導してくれます。

資機材や教材も最新鋭のものを準備。

医療情報も最新の情報を指導してくれます。

✓救急救命士を目指して勉強するのなら最高の教育機関と言える。

それが救急救命士養成所なのです。

しかし、勉強も実技の訓練も疎かにして中途半端な状態で行くと、自分の身にならない養成所生活を送ることになりかねません。

では、どういった生活を送るべきなのか。

養成所へ行く前、行った後について解説します。

救急救命士養成所に行く前の生活

救急救命士養成所へ行く前の生活で重要視することは、毎日の勉強習慣です。

1日猛勉強しても、救急救命士国家試験に合格できることは限りなく0です。

✓30分の救急救命士国家試験の勉強を毎日続けた人

✓土日だけ3時間勉強を続けた人

これまで合格してきた消防の同僚、後輩の話を聞いてきても、私が実践してきた勉強法から考えても、合格している人は前者が圧倒的に多いです。

※後者の人もいるかもしれませんが、私の周りにはいませんでした。

だから、勉強時間は少しでもいいので継続してください。

救急救命士養成所に行った後の生活

救急救命士養成所での生活は下記のポイントを抑えて過ごしてください。

✓授業は寝ずにちゃんと聞く

✓同じチームの仲間を大事にする

順を追って解説します。

授業は寝ずちゃんと聞く

授業は寝ずにちゃんと聞いてください。なぜなら、救急救命士標準テキストには書いていない救急医療の本質部分を学べるからです。

救急医療に精通した教授の講義を例に挙げると、

✓教授陣は医学的知見から救急救命士標準テキストに書いてある内容を深堀りしてくれる

「救急救命士養成所の講義は、ただ問題の丸暗記、テキストの丸暗記ではなく、

なぜ救急救命士標準テキストに書いてあるのか、その真意を学べる機会になります。

そんな環境は二度と来ないです!」

そんな中、テストにあまり出ない範囲の授業では特に寝て過ごす研修生が一定数います。

それじゃあ、学びに来ている意味がないですよね。ましてや公費で受けにきていますし‥

ですので、授業は寝ずちゃんと聞くようにしてください。

同じチームの仲間を大事にする

同じチームの仲間は大事にするようにしてください。

そのチームでシミュレーション訓練で活動するからです。

訓練は1人だけできればいい訳ではありません。

気管挿管手技やCPR訓練などは特にチームで1つの手技を完成させます

<CPR:現場の対応シミュレーション>

上記の動画を観てください。

3人がそれぞれの動きをすることで早期に処置を開始できます。

これが1人でも訓練をしてこないでやってきた研修生がいると、全然スムーズに行きません。

ストレスが溜まりますし、下手すると関係がこじれて最悪の雰囲気で効果測定(※)を迎えかねません。

※効果測定:実技訓練がちゃんとできているのか判定するため行う試験のこと

だから、チームの仲間を大事にしてほしいのです。

それに、そこで汗を流しながら訓練した仲間は一生モノです。

「数年経過した今でも他の消防本部の同期と旅行へ出かけることも多いですよ。」

Sponsored Links

救急救命士養成所は勉強せずに行くと割と厳しい!|厳しい理由は2つあります

救急救命士養成所は勉強せずに行くとハードゲームです!

その理由、以下のとおりです。

・毎日ミニテスト!毎日のように評価を受ける

・訓練も定期試験がある。できないと補講

順を追って解説していきます。

毎日ミニテスト!毎日のように評価を受ける

救急救命士養成所では、毎日のようにミニテストをやります。

その問題レベルは必修問題レベルです。

「どんな問題をやるのですか?」

たとえば、こういう問題です。

<ミニテスト>

ミニテスト
ミニテスト(エルスタ)

実際に問題もやってみましょう!ゲーム形式です。このくらいのレベル

>>救急救命士国家試験問題 A問題②(ミニテスト/ゲーム式)

こっちは難しい問題も混合しています

>>sue-aのブログ「救命士の学習」

この辺りは各救急救命士養成所によって出題形式(選択式・○☓式)は違いますが、目的は「ひねった問題ではなく大半の人が選ぶ解答ができるようにする」ことです。

・必修問題対策

・救急救命士標準テキストをしっかり読み込めているのかの確認

この辺りを確認するために行います。

とはいえ、テスト対策慣れしていないとかなりシンドいですよ。

実際に養成所へ入ってから勉強すればいいや〜程度の意気込みで来てしまった人は、余裕のない養成所生活を送ることになります。

「絶対に勉強して上記の問題が解けるレベルはないと養成所生活が激ハードになります。」

訓練も定期試験がある。できないと補講

勉強だけできればいい訳ではありません。

救急救命士は特定行為という救急救命処置を傷病者に行わなければならないからです。

救急救命処置とは、その症状が著しく悪化するおそれがあり、またはその生命が危険な状態にある傷病者(以下、重度傷病者)が、病院または診療所に搬送されるまでの間に、当該重度傷病者に対して行われる気道の確保、心拍の回復その他の処置であって、当該重度傷病者の症状の著しい悪化を防止し、またはその生命の危険を回避するために緊急に必要なものをいう。

改定第10版 救急救命士標準テキスト

正直、救急救命士養成所へ行ってからシミュレーション訓練開始!では全然間に合いません。

また、シミュレーション訓練は1人でやるものもあれば、複数人で協力して行うものもあります。

言い方が悪いですが足手まといになって、訓練の妨げになってしまう可能性も出てきます!

それは避けたいですよね。

だから、養成所生活をハードゲームにしないため事前に訓練をやっていく必要があります。

Sponsored Links

救急救命士養成所に行くのはまだ早いと感じる人の特徴3選

救急救命士養成所に行くのはまだ早いと感じる人の特徴をまとめました。

ここをチェックすることで、あなたが救急救命士になれる状況にいるのか把握することができます。

しっかり確認してみてください。

<救急救命士養成所に行くのはまだ早いと感じる人の特徴>

1.必修問題で9割の点数を取れていない

2.シミュレーション訓練に取り組んでいない

3.救急車に乗って間もない

順を追って解説します。

必修問題で9割の点数を取れていない

必修問題を9割取れていないと救急救命士養成所はまだ早いです。

なぜなら、救急救命士養成所では必修問題が取れていない状況だと成績下位レベルだからです。

このレベルでは、研修生との交流もできず、ひたすら勉強をし続ける生活に‥

✓質問:どれくらいの学力が必要?

→ここは人にもよりますが、毎日ミニテストの問題に取り組み、間違えた問題はしっかり振り返る。

問題は、下記の問題レベルを解けるくらいの実力は欲しいです。

シミュレーション訓練に取り組んでいない

シミュレーション訓練は職場にいる時から積極的に取り組んでください。

なぜなら、救急救命士養成所で足を引っ張る可能性があるからです。

その理由は、

「実技は自信があるから、ぶっつけ本番で来ました〜」

これは辞めてください。

研修生の立場で言うなら、はっきり言って迷惑です。

「同じチームの仲間を大事にする」のところでも話しましたが、雰囲気を悪くしてしまいます。

救急車に乗って間もない

救急車に乗って間もないのに来る消防組織も中にはいます。

なぜなら、組織内に行く人がいないからです。

経験が浅すぎて来る研修生は、現場を多く知りません。

そうなると経験が浅いがために、救急活動がなかなかイメージできません。

✓もちろん、救急救命士養成所へ行くための基準があります。

・救急隊員5年以上の救急車乗車経験

・2000時間以上の救急車乗車経験

総務省消防庁

そのレベルをクリアしてはじめて行くことができます。

とはいえ、救急車乗車経験は消防側で調整することはできますから、組織が認めれば行けることになるのです。

イメージがないと頭でっかちな活動になって、

「テキスト通り活動したのに上手くいかない‥」

と感じるシチュエーションが多くなってしまいます。

ですので、ある程度、現場経験を積んでから来る方がいいですね。

【注意点】

ここまで挙げた内容を踏まえて最終決定するのは、あなたが所属する消防組織です。

「こういう人もウチの場合は行かせてる」

という所属もありますし、逆に、

「こんな状況じゃ当然行かせることはできません」

と選考外になることもあります‥

つまり、所属する消防組織の事情で変わってきます。

「あなたができることは、所属する組織において救急救命士事前テストで好成績を取り続けてください。

なぜなら、あなたが1番優秀な成績ならば所属組織も文句は言わないからです。」

そこを目指しましょう。

救急救命士養成所ってどんなところ?と思う人が疑問に思うこと

救急救命士養成所ってどんなところ?と思う人がよくする質問は以下の4つです。

✓救急救命士養成所ってどんなところ?と思う人がよくする質問

①半年間で時間は足りてるの?

②遊んだりするプライベートの時間はないの?

③家に帰れるの?

④学習や訓練は厳しいの?

では、順に説明していきます。

半年間で時間は足りてるの?

結論は、半年間で時間は足ります。

それくらい凝縮して一日中、勉強や訓練をするからです。

けれども並大抵の覚悟ではすみません。

それこそ、自分の時間を全て注ぎ込まなくてはいけません

家族と過ごす時間なんてほとんどありませんでした。子供が生まれて間もない研修生は1番かわいい時を過ごせません。

それに、救命士になる国が定めた基準は十分クリアできますが、それで現場でもバリバリ活躍する救命士になれるわけではありません。

なぜなら、救急も経験が物を言う世界だからです。

スポーツでも勉強すればそれだけでトップアスリートになれるわけではないですよね!

それと同じです。

遊んだりするプライベートの時間はないの?

遊ぶ時間やプライベートの時間は、ちゃんと用意されています。

学校の生活をイメージしてください。

朝8時30分に通学して、授業を受け、お昼を食べて、授業を受けて下校する〜

この生活リズムで土日祝日が休みですから、無理のない生活リズムで仕事していた時より、体は楽と感じる人も多かったです。

「私自身の経験からみても、養成所生活の方が、仕事しながら勉強していた時より集中して勉強もできましたし、食事も規則正しく摂れていたので健康的だったと感じます。

研修生達と小旅行や飲み会もたくさんできましたし。」

ただし、これは学力が一定以上ある人の話です。

具体的な実力は、”必修問題を8割以上確実に取れるレベル”です。

そこまで達していないと、遊ぶ時間もなく、休みも勉強する羽目になってしまいます。

家に帰れるの?

結論、帰れます。基本は土日休みです。

ただし、宿泊施設のある養成所と宿泊施設のない通いの養成所で家に帰れる時間は違ってきます。

日勤で毎日勉強のために出勤する

泊まりで平日は養成所で寝泊まりする

上記の養成所がありまして、養成所のタイプ(宿泊施設の有無)によって対応が異なってきます。

こちらが消防機関がいく救急救命士養成所一覧です。

ですので、どの養成所へ行くのかは所属する各消防組織によって異なります。

学習や訓練は厳しいの?

学習や訓練はぶっちゃけ厳しいです。

イメージは、

✓消防学校‥

✓強豪校の野球部、サッカー部、柔道部‥

バリバリのスポ根です。

だから、そういった環境が慣れていないとシンドいかもしれません。

救急救命士養成所ってどんなところ?のまとめ

今回は、救急救命士養成所ってどんなところ?という疑問について解説してきました。

救急救命士養成所は鬼勉強できる場所です。

ですが、一緒に救命士を目指す仲間ができて楽しい場所でもあります。

楽しい場所にできるよう養成所へ行く前にやっておくことをもう一度復習しておきましょう。

✓救急救命士養成所は鬼勉強する場所!だから、やっておくべきこと

①毎日ミニテスト!毎日のように評価を受ける

②訓練も定期試験がある。できないと補講

ーーーーー

✓救急救命士養成所に行くのはまだ早いと感じる人の特徴

①必修問題で9割の点数を取れていない

②シミュレーション訓練に取り組んでいない

③救急車に乗って間もない

例え今は救急救命士としての学力が足りていなくても、それはこれからまだまだ伸び代がある証拠です。

ちなみに、救急救命士国家試験直前は、ものすごい緊張です。「国家試験直前の心構え」や、「国試直前にやってはいけないこと」は、救急救命士国家試験に臨む心構え|落ちる原因を把握することこそ確実に合格する秘訣!という記事にまとめました。

国試直前のことも先に知りたい方はどうぞ。

少しずつ積み上げていきましょう。

今回は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました