救急救命士国家試験15問テスト!!(毎日更新中)

【消防士の面接対策】合格した現役消防士からのアドバイス

消防士になる
【消防士の面接対策】合格した現役消防士からのアドバイス
面接試験を受ける人の悩み
面接試験を受ける人の悩み

あー、面接ってホント苦手…

緊張するし、何言ってるか途中でわからなくなるんだよな…

sue-a
sue-a

この記事を書いている私は元消防士。私は面接がすごく苦手でした。人

前で話すのが本当に嫌なんです。

(救急隊なので病院連絡や医師に引き継ぎもやりますが笑)

本記事は、現役消防士の私の息子からの情報を元に記事作成しています。

とにかく、目上の人が緊張感のある場で話しかけられるのはダメでした。

面接じゃなくても上司に呼ばれて、2人で話すのって嫌じゃないですか?特にまだ気心が知れない時期とか。

私は苦手でしたね。

私と同じような気持ちで面接がゆううつに感じている人も少なくないはず。

この記事では、

  • 消防士になろうと消防採用試験を受験予定の人
  • 消防士になった後、昇任試験で面接予定の人

上記の立場の人に向けて書いた記事です。

この記事を読めば、面接で感じる不安を少しでも払拭できるはずです。

本記事の内容
・面接を受けるために最低限やること
・実際にやった面接対策
・面接に落ちる人の特徴
・実際に面接試験で聞かれたこと
・「短所しかない」と思っている人の対処法
・面接の本質
・面接での回答【良い例・悪い例】

上記内容をお話しします。

後半では、面接での良い回答例と悪い回答例も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください。

それでは行きましょう!

Sponsored Links

面接を受けるために最低限やることは1つ【最重要】

たった1つ

初めにもっとも大事なことをお話しします。

それは”面接の準備をすること”です。

例えば、

  • 面接対策の本を読む
  • 例年質問されている例題を調べる
  • 面接の練習をする

この記事を読みにきているだけでも、もちろん面接対策に含まれます。

まずは、「事前準備をしましょう」ってことです。

面接対策って筆記試験と違い、明確な答えはないように感じますが、面接官は何かしら目的があって質問しています

その意図を先読みして、要点を抑え回答できれば、面接官へ好印象を与えられるでしょう

Sponsored Links

実際にやった面接対策4選

面接対策

私が実際にやった面接対策は、以下の4つです。

  • その消防署(各自治体)をなぜ選んだのか志望理由を明確にする
  • とにかく面接練習する【人に聞いてもらう】
  • 伝えたいことをまとめておく
  • 実際に経験したことを志望動機に掛け合わせる

1つずつ解説します。

その消防署(各自治体)をなぜ選んだのか志望理由を明確にする

あなたが入ろうとしている消防署になぜ入りたいのか志望理由をまず明確にしましょう。

なぜなら、受けようとしている消防が求めている人材なのか判明するからです。

  • 日程が被らなかったから受けにきた
  • 家から近かった

などの理由では、当然ダメです(本音からもしれませんが笑)。

面接官になった気持ちになってください。

「どこでも受かればいい」

そんな気持ちの人を合格させたいとは思わないですよね😥

なので、しっかりと志望理由を伝えましょう。

面接が苦手な人
面接が苦手な人

「家から近い」が本当の志望理由だよ。。。

そう言う方もいるかもしれません。

それでも良いんです。良いんですけど、表現の仕方を間違わないようにしましょう!

「家から近い」 = 「地元を好きで、自分の育った町を守りたいから◯◯市消防本部を選びました」

上記のように表現を変えれば、面接官の印象もぜんぜん違いますよね!

バカ正直に想いを伝えるのではなく、ちょっとした工夫は取り入れましょうね✨

とにかく面接練習する【人に聞いてもらう】

人前で話すことも必要です。

なぜなら、独特の緊張感に慣れていないと、話したかった内容もスーッと頭から消えてしまうからです。

どれだけ頭の中で想像できていても、緊張ですべてオジャンになりかねません。

筆記試験なら、一旦冷静になれる時間的猶予はあるかもしれませんが、数秒の間で結論を伝えなくてはならない面接試験ではそうは行きません

緊張による混乱を避けるためにも人前で話し、言語化することに慣れておくことが重要です。

sue-a
sue-a

例え、想定していた質問ではなかったとしても、自分の言葉で話す練習をしていたおかげで、自分主体の回答ができたこともあります。

例えば、「あなたがこれまでやってきたことを話してください」という質問に対して、「野球を続けて体力に自信がある」と回答しようと準備していたとします。

【面接官の質問】

面接官
面接官

あなたが、我が消防本部で活かせる能力は何かありますか?

sue-a
sue-a

私は、これまで野球を続けてきました。今でも体力向上のため運動は毎日欠かさず続けています。火災現場では、防火衣を装備し、長時間放水活動をしなければいけません。

体力面では、貢献できると考えています。

上記のように、自分の経験から話を作り上げることも可能です。

これも誰かに話を聞いてもらい、フィードバックしてもらったことで、頭にしっかりインプットされます。

想定した質問ではありませんでしたが、話を結びつけて回答できました

人前で話すことは、上記のようなメリットがあります。

伝えたいことをまとめておく

伝えたいことをまとめておくのも面接では重要です。

なぜなら、想いをしっかりと伝えることで、熱意を伝えられるからです。

消防採用試験で伝えるべき内容は、何だと考えますか?

上記ツイートのとおりでして、それは「消防を目指した理由」です。

「常に消防士をなぜ目指したいのか考えていくのか」がおすすめです。

  • なぜ消防士になりたいのか?って自問自答していく。
  • その理由を1つのパーツとして、考えていく。

それを繰り返していくと、伝えたいことがまとまっていきます。

ただし、「消防士になるのが夢」と言うのでは伝わりません。

一歩進み、消防官になって〇〇をして地元に貢献や人を助ける事を”目標”にしましょう。

ここまで踏み込まなければ、伝えたいことも伝わりません。

ですので、自分の中で、伝えたいことをまとめる。そして、具体的に消防士になってからどのように行動したいかまで踏み込んで考えておきましょう。

実際に経験したことを志望動機に掛け合わせる

実際に経験したことは説得力を高めます。

なぜなら、経験は間違いなくオリジナルになるからです。

===

例えば、

私が消防士になりたいと思ったのは、訓練やランニングなど日々の訓練に励む消防士の姿に憧れたからです。

私の家の前には消防署があります。毎日聞こえる訓練に励む声。汗を流す姿。その姿を見ており、

その日々の鍛錬が実際の火災現場で働く体力、精神力、知識を培っていることを知りました。

私はランニングが好きです。

1つのことをやり続けることで、得られる達成感や、やり抜く力の重要性を知っています。

私は、1度決めたことはやり抜くタイプです。

私が消防署に入ったら、消防の現場で活動できるよう日々努力し、判断力を養います。

そして、市民の安全を守るため貢献したいと考えています。

===

上記のように、自分の経験と消防士の姿を自分でみて感じたことを明確に話しています。

経験 × 志望動機

ができてる良いケースです。

自分の経験を語れる人は強い・・・

間違いありません。

今からでも遅くありません。消防士になりたい方は、日々の生活のなかで経験していることと消防に入る志望動機を結びつけられないか発見する努力をしましょう。

Sponsored Links

面接に落ちる人の特徴

落ちる人の特徴

ここで面接に落ちる人の特徴を話しておきます。

具体的には下記のとおりです。

  • 明るくない
  • 過剰な自信
  • 人の話聞かない
  • 身だしなみが整っていない
  • 準備不足

上記のような特徴は、第1印象に関わるところです。

少しの気づきで改善できることが大半。

ですので、当てはまる点があれば意識的に改善してみましょう。

面接の形式【集団・個人】

面接形式

ここで、面接の形式について説明します。

面接には2通り。

それが集団面接と個人面接です。

先にお伝えしますが、消防の面接は個人面接が多いです。(私の周囲の消防士に聞いてみましたが、集団面接で受験した人はいませんでした)

集団

集団面接とは、複数の就活生が同時に受ける面接です。 面接官は一人の場合も複数人の場合もあります。 全員に対して同じ質問が投げかけられることが多く、自己PRや学生時代に頑張ったことなど定番の質問が多い傾向があります」

https://shinsotsu.mynavi-agent.jp/knowhow/article/group-interview-point.html#:~:text=%E9%9B%86%E5%9B%A3%E9%9D%A2%E6%8E%A5%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E8%A4%87%E6%95%B0,%E3%81%8C%E5%A4%9A%E3%81%84%E5%82%BE%E5%90%91%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

上記の引用のとおりでして、

集団面接は、他に受験者がいます。

個人

続いて個人面接です。

受験者1人に対して、面接官は1人の場合も複数人の場合もあります。

私の場合は、4〜5人でした。

【昇任試験の場合】
昇任試験も同様、個人面接でした。現状も同じ形式のようです。
消防署長、理事、副参事、総務課長といった消防本部の中枢陣と面接します。
※各消防本部によって面接官は異なります。

実際に面接で聞かれたこと

実際聞かれたこと

実際に面接で聞かれたことをサーッと公開します。

消防採用試験
・なぜ消防士になりたいのか?
・消防士になって何がやりたいのか?
・(転職者の場合)なぜ前の会社を辞めたのか?
・当消防本部をなぜ選んだのか?
・団体生活は平気か?
・学生時代にがんばったことは?
・消防士になるためにがんばったことは?
・(地元ではない消防を受けた場合)なぜここの署を受けたのか?
消防昇任試験の場合
・昇任して何がやりたいか?
・後輩育成についてどう考えているのか?
・今年あなたがやってきたことを話してください。
・あなたの憧れる上司は?
・市の人口は?
・消防法第一条を朗読しなさい。
・昨年の救急件数は何件?

以上です。

この他にもマニアックな質問をされることもありますが、まずは明確な志望動機を作りましょう。

それを軸に熱意を伝えられるようにするのが重要です。

短所しかないです…そこは発想を変えることが大切!

短所
面接に自信がない人
面接に自信がない人

自分には短所しかないです…良いところなんて思いつきません💧

上記のように考えている人も少なくないでしょう。

それは誤解で、言葉の伝え方を変えればいいのです。

例えば、「1つのことに没頭してしまう」という性格があなたとしましょう。

良い面でいえば、

集中して1つのことに取り組める。集中力のある人⭕️

逆に悪い面でいえば、

1つのことに集中してしまい、周囲の声が聞こえなくなる。 注意力散漫❌

こうなります。

sue-a
sue-a

伝え方次第でよくも悪くも表現できるのがわかりますよね。

「僕は短所しかない」と考えるのではなく、どうすれば良い面と表現できるのか考え抜くようにしてください。

【面接の本質】面接官が見ているのは会話のキャッチボールができているかです!

本質

ここまでたくさんのことを話してきましたが、面接の本質は、「面接官との会話」ということを頭に焼き付けてください。

面接が苦手な人
面接が苦手な人

今さら何を言ってるの?

sue-a
sue-a

こう思ったかもしれません。

でも、やっぱりここを考えるべき!

なぜなら、言葉のキャッチボールは、精神的余裕を生み出すからです。

面接で失敗する人の思考
  • 自分のことを話さないといけない
  • 自分を良い印象に思ってもらわないと行けない

上記のように、自分を良いようにみせようとするから墓穴ぼけつを掘るのです。

例えば、

面接官と言葉のキャッチボールもなく、ひたすら自分のことを淡々と話している面接。

どう思いますか?

マシンガントークで話じょうずに思うかもしれませんが、

  • ぶっちゃけ自分のことを話すだけの人❌
  • こっちの投げかけに対し、それに対して返答してくれる⭕️

どっちがあなたが面接官だったらいいですか?

面接での回答【良い例・悪い例】

グッドバッド

さあ、ここからは面接での回答で良い例、悪い例を紹介します。

具体的には下記のとおりです。

具体的な質問は「あなたがなぜ消防士になろうと思ったのですか?」です。

良い例
・東日本大震災で活躍する消防士たちの姿をみて
・腕をケガして救急車で病院へ搬送されたときの話
悪い例
・かっこいい消防士の姿に憧れた
・消防車が大好き

良い回答

①「東日本大震災で活躍する消防士たちの姿をみて」

東日本大地震が起きたあの日、私はまだ高校生でした。

私は、テレビで消防士たちが被災地で救護する姿を目にしました。

その姿は、今でも強く記憶に残っています。

そして、当たり前に過ごしている私たちの生活がいつなくなっても不思議ではないことを目の当たりにしました。

私もその姿を見たのをきっかけに災害に対して、危機感と何か助けになりたいという気持ちが強くなり、消防士を目指しました。

もし私が消防士になれたら、自然災害は全て防ぐことはできませんが、防災に関わる仕事がしてみたいです。

②「腕をケガして救急車で病院へ搬送されたときの話」

私は中学生のとき、腕をケガして救急搬送されました。その時に、対応してくださった救急隊の方たちは、とても親身に対応してくれました。

今でも、その時に優しく、丁寧な手当てをしていただいたことが忘れられません。

その体験がきっかけで、私は救急救命士の資格を取るために救急救命士専門学校へ通いました。

私が消防士になったら、私のようにケガをして救急車を呼んだ人に温かい言葉をかけられる優しい救急隊になりたいです。

悪い回答

①「かっこいい消防士の姿に憧れた」

私は消防士が格好良く憧れてなろうと思いました。

身体を動かすのが好きなんで、消防士になっても全然平気です。

②「消防車が大好き」

乗り物の中で、消防車が一番好きです。

消防車を運転してみたい気持ちでいっぱいです・・・

”消防車が大好き”だけでは、消防士になる動機としては、あまりにも弱いです。

もちろん、好きという気持ちを否定するわけではありません。

ですが、

  • 消防署で勤めるために必要なことは何かを明確にできているか
  • これまでどのような経験をやってきたか

など、「この人物はウチの消防本部に入ったとしてしっかり働いてくれるな」と思ってもらえるような理由を伝えないといけません。

実際の面接シーンを再現

実際の面接

実際の面接シーンを再現します。

「祖父が心肺停止状態に。救急車を呼んだあと救急隊から掛けられた言葉が忘れられない」

私が消防士を目指したのは祖父が救急搬送された時のことがきっかけです。

6年前のある日。私が学校から帰宅すると祖父は、居間で倒れていました。

父は全く反応がなく、すごく動揺しました。母に電話をして119番通報するよう伝えられ、すぐ電話しました。

119番通報したところ、

「すぐ救急車を向かわせる。落ち着いてください。」

と伝えられました。

数分して、救急車が到着し、救急隊員の方々が懸命に心肺蘇生を行なってくれ、祖父を病院まで搬送してくれました。

その時、私しかいなかったので、私が救急車に同乗していくことになったのですが、

「◯◯さんのため、できる限りのことをしますから」

と話してくれました。

病院に着いてからも両親が来るまでの間、救急隊員の人が気にかけてくれ、話かけてくれました。

後々になって、聞いたことだったんですが、祖父は癌でした。

自宅で看取る予定だったのですが、急なことで母も救急車を呼ぶよう指示してしまったそうです。

本当に救急車で対応すべきかどうかはどうであれ、

動揺する現場の中で、あの時に声をかけてくれた救急隊の方の優しさを忘れられません。

私は学生でしたが、あの時の経験から、大人になったら人を助けられる仕事をしたいと強く思うようになりました。

もし、消防士になれたら、相手の気持ちに寄り添えるような人になりたいです。

まとめ

これまで消防士の面接対策として記事にまとめてきました。

  • 面接を受けるために最低限やること
  • 実際にやった面接対策
  • 面接に落ちる人の特徴
  • 実際に面接試験で聞かれたこと
  • 「短所しかない」と思っている人の対処法
  • 面接の本質
  • 面接での回答【良い例・悪い例】

面接を控えている方へ。

面接対策の肝を抑えて、「面接が怖いもの」というのを少しでも払拭しましょう。

今回は以上です。

消防士になる
Sponsored Links
消防士&救急隊員の日常

コメント