救急救命士国家試験15問テスト!!(毎日更新中)

【消防士と結婚】給料は高くなくてもやっていける“共働き”という選択

消防士との結婚/出会い

消防士と結婚を考えている人
消防士と結婚を考えている人

「消防士の彼と付き合っていて結婚も考えています。消防士って給料は低いと聞いたことがあります。手取り収入で20万くらいと聞きました。消防士の家庭は専業主婦だと大変でしょうか?

私は働く気はあるのですが、田舎で仕事があるか不安なので‥お給料は上がっていくんでしょうか?ずっと20万ってわけではないですよね?(^-^;)」

こういった質問に答えます。

sue-a
sue-a

わたしは元消防士(救急隊員)です。30年以上、消防署に勤めてきました。これまでの経験をブログで発信して、

  • ”消防署のいろは”を知ってもらって消防士をもっと知ってもらいたい!
  • 消防士になりたい人へ消防士のリアルな情報を発信したい!
  • 逆に消防士をやっていて、「このまま続けていいのかな…」といった消防の仕事に疑問を抱いている人もサポートしたい。

こういった人達のための記事を書いています!

この質問者の疑問に対しての結論は、

消防士の平均年収は660万円(※&CAREER)です。とはいえ、全消防士の平均年収。

※2018年度の地方公務員実態調査結果 消防士を含む地方公務員一般職の平均年収

若い年代の内は、やりくり上手じゃないと消防士一人の稼ぎだと辛いかも…

解決策として

  1. パート、正社員でも何でもいいので”共働き”を選択すると生活は確実に楽!
  2. 【悲観しないで】そして消防士の年収は年齢と共に上昇していく

上記を提案します。

そして、この記事をみれば、

チェックポイント

消防士と結婚して、その後は家計は安定するのか心配→消防士の年収を公開!

消防士の給料が物足りない…出口戦略は→”共働き”として働く現役消防士の生活をお見せします。

この辺りが明確になって、消防士の彼氏との結婚を想像する手助けになります!

sue-a
sue-a

消防士の旦那との将来設計を一緒に考えましょう!

本記事の内容

・消防士との結婚…不安は家計のやりくり!

・消防士の給料は低いの!?

・消防士と結婚 ⇒ 専業主婦は厳しい?

・消防士の給料は上昇していく

Sponsored Links

消防士との結婚…不安は家計のやりくり!

消防士と結婚を考えるひと。楽しい生活を夢見て結婚生活を想像しているのではないでしょうか。

しかし、そこでは忘れていけないこともあります。それは、“お金“のことです。

正直なところ、“お金”は重要です。離婚の原因で大きな要素となるのは金銭問題だからです。

1位は性格の不一致

2位は精神的な虐待

3位は生活費を入れない

4位は暴力

5位は異性関係

6位は浪費

https://rikon.authense.jp/column/rikon-142.html

上記が挙げられます。

このような経過をみても、“生活費を入れない“、”浪費“などが上位にきています。

お金が絡んだ原因が大きなシェアを占めます。

3位の理由は「生活費をわたさない」です。
この理由を挙げている人の男女の割合は男性5%、女性95%と圧倒的に女性が感じている離婚原因です。
一切の生活費を入れてもらえないために、生活が困窮し、生活費を入れるように訴えると「お金の管理がまかせられない」などと文句をいわれて、責任転嫁されるケースもあります。子育てで収入がない女性が、こういった状況に陥ることが多いようです。

6位には同じくお金に関する離婚原因である、「浪費する」が入っています。
この理由を挙げているのは、男性31%、女性69%で、同じお金に関する離婚原因である「生活費をわたさない」に比べると、比較的男性も感じている離婚原因です。

何を持って浪費と判断するのかは、その家庭の収入によっても変わってきますが、収入に比べて支出が多く、預貯金ができない、生活が維持できないといった場合に、「浪費」が離婚原因となるようです。

もちろん離婚原因は1つでないことが多いですが、この統計は離婚の申立てに至った原因を3つまで挙げる方法で統計を取っています。


ランキングの10位以内に2つもお金に関することが入っているということからも、「お金」が原因で離婚する人が比較的多いことがわかるのではないでしょうか。

https://rikon.authense.jp/column/rikon-142.html

消防士は、24時間勤務で、壮絶な現場へ出動しなければならなく、精神的にも、大きなストレスを受けます。

そういった点で、浪費に走るという消防職員もいます

また、異性関係にゆるいというのもよく言われることです。消防士は、とにかく元気な職員が多いです。それは職場内だけでなく、遊びに行っても同様です。

消防士でも考えられる離婚の原因は、上記の“金銭問題”、“異性関係”が多いとわたしの肌感では思いました。

一方で、基本的に消防士は正義感も強くて、律儀なところもあるので、精神的な暴力や、肉体的暴力をふるうということは少ないと思います。

話はそれましたが、“金銭問題”は結婚を考えるうえで、切っても切れないことです。

生活費を全く入れないということは、本当に?と驚くような離婚の原因ですが、

現実的に月の給料が月の支出を下回る = 赤字

この状況に陥ってしまうことは、リアルに考えられることです。

この赤字状態が数か月間続くと、「幸せな結婚生活って…ただ苦しいだけ」

不安や不満が高まるだけです。

ですので、どれくらいの収入が見込めるかは、結婚前にしっかり考えないといけません。

Sponsored Links

消防士の給料は低いの!?

そういった“収入と支出のこと“を考えたうえで、消防士の給料についても確認しましょう。

結論から伝えると、消防士の平均年収は660万円です。

入所した3年~6年程度の給料イメージは下記のようになります。(※人口20~30万自治体消防の場合)

月給では18万円くらいです。ここに通勤手当や住居手当、扶養手当などが加算されていきます。

<注意>

物資と記載のあるところは、保険料の支払いや財形貯蓄の金額を含みます。

2万円の財形貯蓄をしていたため、差引支給額16万7679円に2万円加算したのが手取り収入となります。

住居手当も7万円くらいの家賃のところに住んでいれば、2万~3万円程度の家賃補助を受けられます。(この辺りは各自治体によって異なります。)

時間外休日勤務手当、特殊勤務手当の部分には、消防車や救急車、救助工作車で出動した分の出動手当等が含まれています。

この頃は、消防隊であったため時間外休日勤務手当、特殊勤務手当も多くないです。

これが専属救急隊になると夜間出動も多くなり、手当ての金額も大幅に増加する可能性があります。

消防ならではの手当てについては、こちらの記事をどうぞ。

ですので、実質的には 基本給20万+諸々の手当て-税金 で計算された金額を受け取ります。

これは、個人で見解が分かれるところですが、全く生活できないわけではありません。

大卒消防士(就職して4年~6年目)の年間給与明細

※スマホの方はすみません。拡大してください<(_ _)>

※1月の「子ども手当」の金額については、料金改定による差額です。

上記のExcelデータは、息子の20代後半(就職して4年~6年目)の年間給与明細です。

給与支給額は513万8552円

控除額の差引支給額は327万9600円

ボーナスや手当て諸々を含めて、住民税や所得税など差し引かれた年間総所得です。

こう見ていくと給料が低すぎて、毎月赤字になってしまう可能性は低いと考えられないでしょうか。

もちろん、人によっては給料低すぎる…と嘆いてしまう人もいるかもしれませんが…

Sponsored Links

消防士と結婚 ⇒ 専業主婦は厳しい?

結論からいうと、“そんなことはない“というのがわたしの回答です。

しかしながら、生活のスタイルは人それぞれです。

  • 食事から身につけるものまで、こだわって高価なものでなければ納得できない。
  • 住むところも立地のいい高層住宅。
  • 乗る車も高級車

こういった生活レベルの人では、消防士の夫一人の収入ではやっていけません

もし、大幅に赤字となってしまう場合は、家計の見直しが必要です。しかしながら、生活レベルを変えることは難しいかもしれません。

なぜなら、その生活レベルがあなたの“常識“になっているからです。

もし、その生活レベルを維持したいのであれば、

消防士との結婚を諦める

共働きで稼ぐ

上記の選択を選ばなければならないでしょう。

消防士の給料は上昇していく

消防士の給料は徐々にですが上昇していきます。

いわゆる“定期昇給”です。

年単位で基本給が数千円、階級(昇任)が上がれば更に上乗せして基本給がアップします。

2020年と2019年の昇給による年収比較

リアルな金額で計算すると、昇給で約5000円UP

年間で5000円×12ヶ月=60000円

ボーナスも、昇給により俸給が上がって計算されるため支給額がUPします。

ただし景気に連動して支給額を何ヶ月分にするのか変化してきます。

ちなみに2020年と2019年の比較は下記のとおりです。

134万3208円(2020年)

131万4978円(2019年)

約3万円UP

2020年は、新型コロナウイルスによる不景気と連動してボーナスが減額されています。

2020年10月の人事院勧告により、期末手当を0.05カ月分(年間4.50カ月→4.45カ月)引き下げられ、人事院勧告を受け入れた給与法改正案は今国会の会期で成立する方針です。地方公務員もこれに準じて減少が見込まれています。

https://limo.media/articles/-/20417

とはいえ、新型コロナウイルスの影響を受けなければ、さらに多くの収入が見込まれました。

不景気でも昇給で給料UPしているのは公務員の強みです。

昇任試験対策は別記事で詳しく解説しています。併せて、こちらの記事もどうぞ!

>>【現役消防士が解説する】消防士の昇任試験対策

ずっと給料が変わらないということはない

先に話したように、ずっと給料が変わらないということはありません。

給料の上昇については過去記事でも触れていますが、

30代でこれくらいの給料を稼げる人もいます。

20代後半(4~6年目)では、このくらいの収入を得ていました。

この辺りについては下記の記事を参考にしてください。

こういったリアルな実績をみても、必ず昇給していくことは間違いありません。

平均年収について、もう一度振り返っておきましょう。

消防士の平均年収は660万円です。

これくらいの金額を得た上で、あなたはどのような生活を目指すのかを考えることが唯一の解決方法かと思います。

一方で、全職種から算出した平均年収はというと、408万円です。

この結果をみても、消防士は昇給していくにつれて、収入も安定してくることがわかります。

その前提があったとしても、現実的に若いうちは安月給と感じるのも少なくありません。この点については、個々の価値観で大きく違ってきます

以前も触れたことはありますが、どれくらいの生活水準で過ごすのかも大きなポイントです。

  1. 生活費が25万円、収入が40万前後
  2. 生活費が10万円、収入が20万前後

これだとどうでしょうか?これは、消防士の年代別の収入例です。

  1. 40代になってくれば、手当てなど諸々含めて収入は40万前後となってくるかと思います。
  2. 若い20代はというと、収入が20万前後というのが現実的です。10万の生活費は実家暮らしや、DINKSで生活費を折半するなどしなければ支出は抑えられないかもしれません。

この生活レベルであなたは満足できそうですか?

もし、このくらいの生活レベルで十分満足できるというのであれば、専業主婦でやっていけるかと思います

<注意>

生活費に抑えるには、節約のために固定費削減するなど、節約生活を送ることのできるひと。つまり、“やりくり上手“なひとでないといけません。

<贅沢な生活 一例>

週2~3回は外食。ママ友ランチも当たり前に行く。

家計簿などつけたりせず、商品の金額は気にせず購入している。

固定費は気にしない(格安スマホや格安電力会社への変更もせずそのまま)

こういった生活を送っているのであると、なかなか専業主婦で過ごしていくことはできません。

こういった生活を送りたいのであれば、年収1000万くらいの収入の人と結婚しなければ、安心できないのではないかと思います。

もちろん、地域性もあるので一概に、どこの消防士でも同等の給料をもらえるわけではありません。東京と地方では物の価格も全然違うからです。

とはいえ、消防士は階級社会で、収入も年数とともに徐々に上昇していきます。昇任すれば給料も大幅アップする可能性もあります。

つまり、給料がずっと月収20万程度ということはありません。

まとめ:結論は自分の生活レベルで決まる

結論は、自分の生活レベルで決まります。

先にも伝えたように、

贅沢な生活を送りたいと思っている人が消防士と結婚してみると、

・これじゃ生活するだけでいっぱいいっぱい。

・好きなものも買えない。1人の時は自由に買えていたのに…。

・海外旅行に毎年何回も行けていたのに、今年は国内旅行を数回だけ。

…消防士の年収は低いのね😢

と感じるかもしれません。

一方で、やりくり上手で節約生活も楽しめるような家庭的な人の場合、

・節約生活も苦にならず逆に楽しめるような人。

・「いいもの = 高級品」ではなく、自分が価値を感じているものを購入する。

・自分の好きな人と、好きな場所で一緒に楽しめるなら、それだけで充実。

…消防士は安定して収入ももらえるから計画しやすいし安心😃

こういった人であるなら、消防士だけでなく、どんな職種の人が結婚相手であっても上手くやっていけるように思えます。

まとめると、結論は人それぞれの価値観で消防士の収入は決まってくるということです。

もちろん、消防士で年収1000万円は夢ではありません。

とはいえ、そこに達する人というのは、ある程度、条件の整ったひとだけとなります。

また、消防社会は年功序列がまだまだ残っています。

年数を重ねないと、高い給料を得ることはできません。つまり、実力・成果主義ではないということです。

ですので、現実的には

消防士の夫 + 働いてくれる奥さん

この組み合わせで世帯年収1000万円を超える家計は多くみられます。つまり、共働きですね。

わたしの知っている人の中でも下記のような夫婦がいます。

  • 消防士(夫) + 看護師(妻)
  • 消防士(夫) + 保育士(妻)
  • 消防士(夫) + 警察官(妻)
  • 消防士(夫) + 市役所職員(妻)
  • 消防士(夫) + 会社員(妻)
  • 消防士(夫) + パート(妻)

どの選択肢を選んだとしても、ダブル収入があると家計はグッと楽になります。

例えば、

妻がパートで5万円の月収を得られる場合
夫の収入 20万円
妻の収入  5万円
   ⇩
支出   21万円
余剰金  4万円 〇

こういった形で大きな収入が生まれます。

このように解決策は1つではありません。自分の生活レベルに合わせて、生活レベルを変えるのか、共働きで家計の収支を改善するのか、消防士と結婚を考えているあなた次第です。

✔︎この記事を読んで”消防士いいかも”と思った人向け

消防士と出会う効率的な方法は、コンパや友人伝いなど様々ですが、なかなか簡単に出会えるものでもありませんよね。
そこで、下記のようなサイトを利用するのもひとつの手段ですよ。

友人に消防士がいない方や、相手にもある程度本気でお付き合いを開始したいと考えているいう硬派な方にもおすすめです。

本気で結婚を考えている消防士とも出会えるかもしれません。

Omiai(オミアイ)

https://fb.omiai-jp.com/

Pairs(ペアーズ)

https://www.pairs.lv/

コメント

  1. […] […]