PR

【保育士】退職代行を利用した方がいい?退職代行を利用した辞め方まで解説

こんな人におすすめ!

  • 保育園辞めたいけど、先輩保育士が怖すぎて伝えられない
  • 保育園は人手不足で執拗しつように引き止めにあっている
  • 「子どもは私が見ないと」と気持ちが強すぎて退職を切り出せない…

たしかに辞めたい気持ちはあるのに、働く保育園の現状を知りすぎてしまうと、辞めづらいですよね。

とはいえブラックな保育園で「将来性はない」ことを感じていて苦しんでいる人も少なくありません。

結論、保育園を辞めるのに退職代行を考えているくらい問題がある職場は早急に離れるべきです。

ズルズルと辞めずにいると数年後、さらに後悔することになりかねないので注意が必要です。

この記事では、「保育士で退職代行を利用すべき人の特徴」や「退職代行を利用した辞め方」を解説していますので、ぜひ最後まで読み進めてください。

保育士の転職先ランキング!おすすめの人気異業種を紹介
...

 

Sponsored Links

【保育士 退職代行】退職代行とは?

退職を代わりに行なってくれるサービスを言います。

たとえば上司と喧嘩別れのようになり、もう職場に顔を出したくないといったケースです。

退職代行を利用すれば、辞めたい保育園に顔を出すことなく、退職が可能です。

すみ
すみ

最近では、会社員や公務員だけでなく、保育士や幼稚園教諭の利用者も増加傾向ですよ。

 

Sponsored Links

【保育士 退職代行】退職代行の種類

退職代行の種類は以下の3つがあります。

一般企業の運営する退職代行労働組合の運営する退職代行弁護士事務所の運営する退職代行
退職の交渉退職の意向を伝えるのみ
訴訟請求退職の意向を伝えるのみ

退職代行は運営する母体によってサービス充実度が変わってきます。

 

Sponsored Links

【保育士 退職代行】退職代行を利用するデメリット

費用がかかる

退職すると伝えるだけなら無料で利用できますよね。

退職代行は1つの仕事ですので、もちろん費用がかかります。

具体的な相場は、以下となります。

一般企業の運営する退職代行労働組合の運営する退職代行弁護士事務所の運営する退職代行
約1万円約3万円約5万〜10万円

決して安い金額ではありません。

「仕事を辞めるのに高額な費用は払いたくない」

という方は、退職代行サービスなんて必要ないと考えていますよね。

すみ
すみ

退職代行サービスに興味を持っているのは、「保育園にもう行きたくない」と考えている方のはずです。

ただし、どこまで支払えるのかはそれぞれによって異なりますので、支払える金額に合わせた選択が必要です。

無職になってしまう

もし次の仕事が決まっていないと、生活するお金も困りますよね。

退職代行を利用して、仕事を辞めるということは、そのリスクを背負うことになります。

すみ
すみ

勢いで辞めるのだけは控えた方がいいです!

これまでの人間関係がなくなる

保育園で築いてきた職場の人間関係が良かった方だと、退職することで良かった環境で働けなくなります。

辞めたい理由は「業務量が多い」や「園の保育方針が合わない」といった他のことにある方だと、悲しくなりますよね。

【保育士 退職代行】退職代行を利用するメリット

直接退職を言いに行かなくて済む

「園長とは二度と顔を合わせたくない」と思っている方は、退職代行を利用することで「絶対会いたくない」相手に会う必要がなくなります。

すみ
すみ

苦手な人が相手だと、伝えたいことも伝えられませんよね。

退職代行を利用して、余計なストレスを感じず辞められますよ。

引き止めに合わず辞められる

園長や先輩保育士から「今は大変だけど、乗り切れば成長できるから」と、引き止めにあってしまうと、辞めづらいですよね。

実際に引き止めにあって、すぐ辞められず、数年後退職し「早く辞めればよかった」と後悔する人も多くいます。

退職代行を利用すれば、不要な引き止めにあうこともありません。

有休を消化できる

有休が残されていれば、有休は使えます。

有休消化を拒否するような保育園もあるので、確実に有休を使い切れるように退職代行サービスを活用しましょう。

すみ
すみ

「この保育園には有給休暇はない」ということはありえません。

 

新しいキャリアを再び構築できる

精神の不調で入院などしてしまったら、働けなくなってしまいますよね。

働けなくなり、キャリア構築に失敗した保育士は少なくありません。

退職代行を利用して早急に辞められると、早めに新しいキャリア形成を目指せます。

 

【保育士 退職代行】退職代行を利用した方がいいケース

 

パワハラ上司がいる

「自分の言っていることが絶対的に正しい」、「なんでこんなこともできないんだ」、「何度も同じことを言わせるな」と批判してくるパワハラ上司とともに仕事をしている方は退職代行を利用する価値ありですよ。

なぜなら、パワハラ上司は相談にのってくれないからです。

話を聞くより、問い詰めてくるかもしれません。

特にパワハラ上司は保守的な性格の方が多いので、辞める意思を伝えたことが要らぬ方向に動き出す可能性もあります。

 

執拗しつように引き止められている

辞めたい気持ちを伝えた後、「辞めないように」と引き止められ、進展しない状況にある人にとって、退職代行は有効です。

すみ
すみ

辞める話までしているのに、動きがないのは状況はよくないですよね。

有給休暇を使い切りたい

有休休暇を最後まで使い切りたいという方は、退職代行を活用して確実に消化してしまいましょう。

先にも伝えたように、保育園の中には有休消化をとりづらい職場も多いのが実情です。

ですので有休消化して、もらえるお給料はしっかり受け取りたい方は活用するのをおすすめします。

未払い残業代など請求したい

これまで働いてきた分のお金が支払われていないから退職のタイミングで請求したい

と考えている方は、退職代行サービスの活用がおすすめです。

退職代行の中には、未払いの残業代を請求するサービスがあります。

ただし、未払い残業代を請求できるのは、「労働組合が運営する退職代行」と「弁護士事務所が運営する退職代行」の2つだけですので注意してください。

ブラック保育園で勤務している

ブラック保育園で働いていると、辞めたい気持ちを伝えられず、苦しんでいる方も多いですよね。

辞めたい気持ちは退職代行に依頼しましょう。

すみ
すみ

そしてあなたは次の仕事のための行動に注力しましょう。

【保育士 退職代行】まとめ

退職代行を利用するデメリットは?

 

退職代行を利用するメリットは?

 

退職代行を利用した方がいいケースは?

 

コメント