PR

保育士の転職先ランキング!おすすめの人気異業種を紹介

こんな人におすすめ!

  • 保育士は保育園でしか働けないの?
  • 保育士の仕事に疲れた…異業種に転職したい
  • 保育士を辞めて別の業界で仕事したい

たしかに「給料は安く」「将来が見えない」と保育士の仕事もやめたくなりますよね。

とはいえ、「未経験で異業種転職するのは不安…」と考えているの方も多いのではないでしょうか。

今回は保育士から転職しやすい仕事をランキング形式で紹介します。

ただし、保育士から異業種への転職は可能ですが、「保育士」の経験を活かせないなどデメリットもあるので注意が必要です。

未経験から異業種優良企業に転職したいなら、社員雇用を前提とした「紹介予定派遣」がおすすめです。

すみ
すみ

保育士から未経験で異業種転職に成功したすみが解説します。

【紹介予定派遣の実績で選ぶなら「テンプスタッフ」】

  • 東京の求人数が多く関東圏で働く人に◎
  • 福利厚生も充実して安心して働ける!
  • 大手の安心感
  • 登録はオンラインでできる
  • 登録前の相談だけでも対応
テンプスタッフ

 

Sponsored Links
  1. 【保育士の転職先ランキング】人気の保育業界から異業種おすすめの仕事
    1. ①一般事務・オフィスワーク
    2. ②営業・企画の総合職
    3. ③IT・Web業界
    4. ④広告関連
    5. ⑤接客業
    6. ⑥広報
    7. ⑦介護職
  2. 【保育士の転職先ランキング】人気の保育士キャリアを活かせるおすすめの仕事
    1. ①家庭的保育事業者
    2. ②ベビーシッター
    3. ③託児所のスタッフ
    4. ④チャイルドマインダー
    5. ⑤習い事の講師
  3. 【保育士の転職先ランキング】人気の保育士資格を活かせるおすすめの仕事
    1. ①保育士
    2. ②保育教諭
    3. ③幼稚園教諭
    4. ④事業所内・病院内保育所
    5. ⑤派遣保育士
  4. 【保育士の転職先ランキング】保育士からの転職理由は?
    1. 収入が低い
    2. 職場、保護者との人間関係
    3. 給料に見合わない仕事量
  5. 【保育士の転職先ランキング】異業種に転職するメリット
    1. 給料が上がった
    2. 自分の時間がもてるようになった
    3. 新たな経験やスキルが身についた
    4. 希望した仕事で働ける
    5. 人間関係の煩わしさから解放される
  6. 【保育士の転職先ランキング】異業種に転職するデメリット
    1. 保育士の資格を活かせない
    2. 子供と接する機会を失う
    3. 仕事に慣れるまで時間がかかる
  7. 【保育士の転職先ランキング】保育士から異業種へ転職する際の成功ポイント
    1. スクールで学ぶ
    2. 資格を取得する
    3. 経験やスキルをしっかり棚卸しする
    4. 応募する企業研究を怠らない
  8. 【保育士の転職先ランキング】まとめ

【保育士の転職先ランキング】人気の保育業界から異業種おすすめの仕事

①一般事務・オフィスワーク

保育士の転職先で人気なのが事務職です。

事務職は保育士の時と異なり、体力的な心配が少ないからです。

残業に関しても、定時で上がれることが多く、それを理由に事務職を希望する保育士が多いです。

一般事務以外にも、営業事務、医療事務といった選択肢が多いので、様々な働き方が選べるのも事務職の魅力と言えるでしょう。

すみ
すみ

保育士は意外にも事務作業が多い仕事でした。

ですので、保育士で働いていたときのスキルをそのまま生かせたのもメリットに感じましたよ。

ただし事務職は、パソコンが必須のため、パソコンスキルの習得が必須となります。

【事務転職ならテンプスタッフがおすすめ】

テンプスタッフは一般事務の求人が豊富で、未経験求人も多いです。

テンプスタッフの検索サイト「ジョブチェキ」で調べると5,000件以上の「事務未経験」求人がヒットしました。

ただし好条件の求人はすぐ埋まってしまうので、まず無料登録して、すぐ求人登録できるよう準備しておきましょう。

②営業・企画の総合職

営業・企画の総合職は、求人数が最も多いです。

法人営業、個人営業、企画、営業などの職種があり、様々な分野でチャレンジできます。

また下記のようなメリットがあります。

  • 経験や資格を問わない
  • 成績により大きく収入が増える
すみ
すみ

会社から求められることが多く、プレッシャーを受けることもあります。

しかし、結果を出せば収入を増やすことは可能です。

特にお客様と交渉する機会も多いため、保育士として培ってきたコミニケーションスキルを生かす場面も出てくるでしょう。

  • 待遇は良いのか
  • 商品は何なのか
  • 給料はどうなのか

上記のようなことも大切ですが、

  • 会社の雰囲気は自分に合っているか
  • どのような会社運営をしているのか

ということも重要です。

すみ
すみ

転職エージェントなどを通じ、情報収集しておきましょう。

異業種転職なら
保育士から異業種転職ならマイナビ保育士

異業種への転職で不安を感じる人も多いですよね。そんな方は「マイナビ保育士」なら保育以外の職種への転職サポートまでしてくれます。

③IT・Web業界

ITウェブ業界と言うと、敷居の高い専門性のある職種だと思われているかもしれません。

しかし、「未経験オッケー」の求人数も多く、短期間のスクールに通ってスキルを身に付けることもできるため、選択肢の1つとして人気の職種です。

IT系の主な働き方はウェブデザイナー、ウェブマーケティング、ウェブライティングなど様々な職種があります。

特に保育士からの転職で人気なのはウェブデザイナーです。

ウェブデザイナーの仕事は、クライアントから依頼を受け、ホームページなどを作ることです。

様々なサイトのページを私たちは日々ネット上で閲覧していますが、そのページを作成するのがウェブデザイナーなのです。

ウェブデザイナー始め、IT系の求人倍率は高く、簡単に身に付けられるスキルではありません。

但し「仕事をもらえるレベル」に達することさえできれば、フリーランスや在宅ワークなど自由に働ける可能性の高い職種なので、将来性のある仕事と言えるでしょう。

④広告関連

  • 広告代理店
  • イベント会社
  • 制作会社

上記のような会社で働くのが広告関連の仕事です。

他職種と異なる特徴は、パソコン1つあれば場所や時間に問われず働くことが可能な点です。

保育士時代に副業でウェブ関連の仕事をして、退職後フリーランスになる人もいます。

そして保育士は、コミュニケーション能力が高いため、おすすめの職業の1つと言えるでしょう。

例えば、広告代理店で仕事をとってくる際も、お客さんにあたる依頼主と綿密なミーティングを繰り返し、希望する商品を作成しなくてはいけません。

そういった部分で、1対1の関わりが必要であり、相手の思考を理解する能力は必要不可欠です。

保育士の仕事は子供を見るだけでなく、同じ職場で働く同僚や上司と連携を取らなくてはいけない仕事のため、相手の考えていることを理解する能力は一般の人より長けています。

ですので、保育士からの異業種転職先の1つとしてオススメといえます。

⑤接客業

  • 「飲食店員」
  • 「アパレル店員」
  • 「書店員」

などのサービス業に関わる仕事を接客業と呼びます。

保育士時代は保護者や保育園 からの印象を悪くしないため、美容やファッションを我慢していた人が、 保育士を辞めた後、アパレル業界などへ転職するケースも多いです。

特に接客業等保育士の仕事は相性が良いです。

なぜならコミニケーション能力、イレギュラーな問題が発生した際の応用力、洞察力を生かせるからです。

すみ
すみ

接客業も未経験からオーケーの会社が多いため、求人が豊富にあるところもメリットですよ。

 

⑥広報

広報は、会社の説明会やイベント業務を行い、自社の商品やサービスの世間的認知度を高めていく仕事です。

広報の仕事には以下2つの種類があります。

社外広報SNSを通して自社サービス(商品)を宣伝、紹介する
社内広報組織内での情報を社員に共有する

具体的な仕事の内容は、

  • 商品・サービスのプレスリリース
  • メディア対応
  • 会社説明会

など、協働しながら仕事を進めていかなくてはいけない仕事が多いです。

コミュニケーションを取るのが得意な保育士にとって、強みを活かる仕事と言えるでしょう。

 

⑦介護職

保育士を辞めて、介護職の仕事を目指す人もいます。

なぜなら介護職も保育職も、人の世話をする仕事だからです。

例えば、食事の介助、排泄などです。

もちろん、子どもと高齢者などで全く同じとは言えないかもしれません。

しかし保育士のサポート力は介護業界でも十分活かせるスキルですよ。

また介護業界は、今後も需要のある業界なので給料アップが狙える可能性も高いでしょう。

 

Sponsored Links

【保育士の転職先ランキング】人気の保育士キャリアを活かせるおすすめの仕事

 

①家庭的保育事業者

家庭的保育事業所とは「保育ママ」と呼ばれるものです。

0歳から2歳までの子供を自宅で預かり、保育する認可事業の1つです。

家庭的保育事業者の役割は待機児童解消にあります。

そのため、ほとんどの方がフリーランスとして開業していますよ。

すみ
すみ
  • 自宅保育に携わりたい人
  • 自分で授業をしてみたい人

上記のようなセカンドキャリアを考えている方におすすめです。

 

②ベビーシッター

ベビーシッターは指定された自宅へ行き、1人または2人の子供を保育する仕事です。

各家庭によりサービス内容も異なります。

  • 習い事の送り迎え
  • 子供に勉強を教える
  • 家事代行サービス

上記のように各家庭に合わせ、サービスを提供する仕事です。

すみ
すみ

以前は富裕層だけが利用できるイメージがあったのではないでしょうか?

しかし、現在は数時間単位で利用できるため、昔より身近なサービスになってきたと言えるでしょう。

特に人間関係でうまくいかず、仕事を辞めた保育士にとっては、基本的に1人で保育をするため、その悩みは解消されるでしょう。

サービス内容を組み合わせると、時給も高くなり月収30万円以上狙える職業なのも人気の秘密です。

 

③託児所のスタッフ

  • 歯医者
  • 美容院
  • イベント会場
  • ホテル

上記のような場所で、一時的に子供を預かる場所を託児所といいます。

託児所のメリットは、

  • 利用日が決まっている
  • 託児スタッフ同士でシフトを組み交代で働いている

など、自分の働きたいタイミングで動けることが挙げられます。

すみ
すみ

サービス残業がネックで保育士を辞めた方は、時間を自分でコントロールしやすい託児所での働き方は向いています!

 

④チャイルドマインダー

家庭的、少人数保育の専門職のことをチャイルドマインダーと呼びます。

  • 対象は0歳から12歳の子供
  • 1人から4人の少人数保育

上記のように集団保育と異なり、子供一人ひとりと向き合い、長期的な関わりを持ってるのが、この仕事のメリットと言えるでしょう。

また在宅型、訪問型、施設型の3つの保育形式があり、ご自身の働き方に合わせ、柔軟に対応できることも大きな魅力の1つといえます。

但し、チャイルドマインダーになるには資格が必要です。

しかし国家資格ではなく、民間資格であるため、学歴条件等はなく、誰でも取得可能ですよ。

すみ
すみ

興味のある方はぜひ「チャイルドマインダー」を調べてみてください。

 

⑤習い事の講師

公文や学研教室等の先生 ピアノ 絵画 体操 英語

などを教える先生がこの仕事に当たります。

子供に教えるのが得意な保育士だからこそ、 向いている仕事と言えるでしょう。

特に自分の持っているスキルや技術を子供に教えたいと考えている人に適しています。

それにピアノが得意だから、ピアノをうまく教えられるとは限りません。

子供にピアノの楽しさを伝え、技術をマスターさせるには、 子供との信頼関係を獲得する必要があります。

子供に合わせた教え方をすることが必要となってくるでしょう。

保育士の経験があれば、子供からの信頼を獲得しやすく、採用された後も活躍できる可能性は高いですよ。

  

Sponsored Links

【保育士の転職先ランキング】人気の保育士資格を活かせるおすすめの仕事

人気の保育士資格を活かせるおすすめの仕事
  • 保育士
  • 保育教諭
  • 幼稚園教諭
  • 事業所内・病院内保育所
  • 派遣保育士

 

①保育士

保育士の転職する多くの理由は、「人間関係が悪くなったから」です。

そのため、保育士の仕事が嫌になったわけではありません。

たとえ転職し勤務先が変わっても、これまでの保育士経験は充分あるため、転職先が 変わっても即戦力として見てもらえるでしょう。

保育園にはさまざまな施設形態、雇用形態があります。

  • 公立保育園
  • 私立保育園
  • 正職員
  • パート
  • 派遣

ですので、自分が求める時間や給料など働き方を選んで転職することも可能です。

 

②保育教諭

保育教諭は認定こども園で働く教員のことを呼びます。

認定こども園の教員は保育士と幼稚園教諭の免許が必要となってきます。

保育施設に預けたい保護者 子育て世代の保護者

上記の方達から多くのニーズがあり、 これからも需要は伸びてくる可能性は充分あります。

すみ
すみ

もし保育士、幼稚園教諭2つの免許を持っている方は、転職先の1つとして考えておくと良いですよ。

 

③幼稚園教諭

もともと幼稚園教諭の免許を持っている方は、保育士を辞めた後、幼稚園教諭になる方も少なくありません。

本来、幼稚園教諭と保育士は目的が異なります。

  • 幼稚園教諭→教育を目的としている
  • 保育士→仕事で日中に保育できない保護者に変わり保育する

上記のように目的は異なりますが、 基本的には子供を見る仕事です。この経験は大きな財産となるはずです。

すみ
すみ

子供や保護者との対応にも慣れているため、スムーズに仕事が始められるでしょう。

 

④事業所内・病院内保育所

企業や病院内で働く親御さんのために設けられた保育所のことをいいます。

下記のようなメリットが事業所内、病院内保育所にはあります。

  • 行事や書類が少なく残業も少なめ
  • 少人数の子供とじっくり関わられる
  • 給料は割と高め

求人の人気は高く募集がすぐに締め切られるため注意が必要です。

そのため事業所内、病院内保育所の求人の多い転職エージェントに登録しておきましょう。

 

⑤派遣保育士

生殖員の保育士だと責任も重く、残業も大変ですよね。

そのため残業や持ち帰りが少なく、ライフスタイルに合わせて働ける派遣保育士を選択する方が多くなっています。

時給制の働き方ですが、月給換算すると、正職員の保育士並みの給料をもらっているケースも少なくありません。

  • パートより時給が高い
  • 派遣会社のサポートを受けられる
  • 契約期間だけの勤務となるため、煩わしい人間関係が少ない
  • ライフスタイルに合わせ働くことが可能
  • 残業が少ない

上記のようなメリットがあります。

ただしスキルアップには適しておらず、賞与も受け取れないと言うデメリットもあるので、注意が必要です。

すみ
すみ

派遣保育士にはメリットもたくさんあるため、チャレンジしてみるのも良いですよ。

保育士派遣の求人なら「ヒトシア保育」がオススメです。

 

【保育士の転職先ランキング】保育士からの転職理由は?

保育士からの転職理由は?
  • 収入が低い
  • 職場、保護者との人間関係
  • 給料に見合わない仕事量

収入が低い

保育士の平均年収は381万円となっており、日本の平均年収と比較すると低いのが現状です。

さらに地方ですと、300万未満の平均年収が一般的のため、「収入が低い」、「生活が苦しい」と言う意見も多く上がっています。

保育士と言う仕事は、親御さんの 大切な子供を預かるプレッシャーがあり、それに加え、朝から晩まで働く過酷な仕事と言えるでしょう。

「もっと収入を得たい」と考え、 異業種へ転職する道や保育士資格を生かした他の仕事に就く方が増えています。

 

職場、保護者との人間関係

人間関係に悩む方が多いのも、保育士の仕事の特徴です。

なぜなら、「保育士は女性社会」、「 親御さんもいろいろな考え方の人がいる」 などのことが重なり精神的に参ってしまう人も少なくないからです。

保育士は、人間関係が他の職種の仕事より近いです。

近いが故に仕事が、阿吽の呼吸でうまく運ぶこともありますが、上手くいかないと精神の不調を生み出す原因となってしまいます。

人間関係のストレスを原因にして退職を決意するケースは少なくありません。

 

給料に見合わない仕事量

保育士の仕事はとにかく業務過多です。

通常の保育以外にも季節のイベントに合わせ、制作しなければいけません。

すみ
すみ

これが結構、過酷で残業禁止なんて言われたら、家に持ち帰って作業することも…

もちろん喜んでくれる子どもの姿を思い浮かべると、頑張ってサービス残業していました。

でも冷静になって考えると、給料に見合っていないな…と思ってしまいます。

 

【保育士の転職先ランキング】異業種に転職するメリット

異業種に転職するメリット
  • 給料が上がった
  • 自分の時間がもてるようになった
  • 新たな経験やスキルが身についた
  • 希望した仕事で働ける
  • 人間関係の煩わしさから解放される

 

給料が上がった

私は転職して給料が上がりました。

今では、30歳で年収500万円もらえています。

給料の上がった理由は、働く職種を変えたことです。

保育業界から金融業界への転職に成功したからこそ年収UPにつながりました。

 

自分の時間がもてるようになった

保育士で働いていると、家に帰った後も仕事を持ち帰っていて、一日中仕事のことで頭が埋め尽くされていた経験ありますよね。

すみ
すみ

私は金融事務に転職して、仕事終わりにスタバでコーヒーに行けるようになりましたよ。

保育士から転職した人の中には、Webの仕事に就き、場所に縛られず自由に暮らしている方もいます。

「平日は仕事で時間を取られても、休日は仕事のことを忘れしっかり休みたい」と思われている人も少なくないでしょう。

メリハリをつけ、自分の時間をしっかり確保したい方は他職種への転職をおすすめします。

 

新たな経験やスキルが身についた

保育士は、他には変えられないスキルの必要な仕事ですが、他のスキルも身につけたい願望の強い方もいますよね。

例えば、Webデザインのスキルを身につけて自宅で働きたいなどです。

すみ
すみ

私は派遣で金融事務職に転職したのですが、WordやExcelをはじめとしたスキルが身につけられました。

また、保育の仕事ではできないリモートワークやフレックス制度の中で働けているため、保育園で働いていたら経験できなかった働き方もできていますよ。

 

希望した仕事で働ける

異業種であれば自分の希望した仕事で働けますよ。

例えば、

  • アパレル販売員になってオシャレな洋服を着ながら接客したかった
  • 保育士と同じくらい、デザインの仕事がしたいと思っていた

など、保育士を目指したことで諦めた夢を実現できるチャンスになるでしょう。

あなたも保育園を経験して保育の仕事の嫌な部分を経験した方も多いかと思います。

だからこそ「こういう働き方がしたい」というビジョンがより明確に描けるようになったのではないでしょうか?

すみ
すみ

ぜひ夢を実現するため異業種にチャレンジしてみましょう。

 

人間関係の煩わしさから解放される

保育士をしている多くの人が抱える悩みは「人間関係」ですよね。

「自分と性格が合わないから」とプライベートで関わらないことはできても、仕事では無理なケースもありますよね。

だからこそ、人間関係がドライな仕事に就くというのも1つの手段です。

例えば、

  • リモートワーク可能な仕事
  • IT系のパソコンを利用する仕事

保育士のように密に人と接する仕事は、人と接することのストレスは、大きくなります。

そんな人間関係の煩わしさから異業種転職によって解放されますよ。

すみ
すみ

苦手なことがわかったら、苦手なことをしないために工夫しましょう。

 

【保育士の転職先ランキング】異業種に転職するデメリット

異業種に転職するデメリット
  • 保育士の資格を活かせない
  • 子供と接する機会を失う
  • 仕事に慣れるまで時間がかかる

 

保育士の資格を活かせない

これまで、かけてきた時間やお金を失ってしまいますのはもったいなく感じる方もいるかもしれません。

とはいえ、保育士として働いた”経験”は仕事で活かせる可能性は高いですよ。

もちろん「保育士の資格を活かしたい!」という方は、もう一度、「【保育士の転職先ランキング】人気の保育士資格を活かせる仕事」の見出しをみて自分に合った仕事を再度探してみてくださいね。

 

子供と接する機会を失う

異業種に転職すると子供と接する機会は激減します。

これまで子供が近くにいるのが当たり前だったから、悲しく感じてしまう…

そんな方もいるでしょう。

 

仕事に慣れるまで時間がかかる

これまで培ってきた保育の経験を活かせないため、仕事を1から覚えなくてはいけません。

そのため、同じ転職でも要領は違いますし、仕事の進め方も全く異なることも少なくありません。

すみ
すみ

「仕事に慣れるまで大変」というデメリットがあることは覚えておきましょう。

 

【保育士の転職先ランキング】保育士から異業種へ転職する際の成功ポイント

保育士から異業種へ転職する際の成功ポイント
  • スクールで学ぶ
  • 資格を取得する
  • 経験やスキルをしっかり棚卸しする
  • 応募する企業研究を怠らない

スクールで学ぶ

異業種に転職するのなら、スクールで事前に基礎知識を学んでおくと、職場で仕事を習得するスピードは早くなるでしょう。

例えば、ハローワークが提供する職業訓練制度です。

ビジネスパソコンの基礎科目

Webプログラミング

オフィスワーク

医療事務関連

介護福祉関連

Webデザイン

広告

など幅広く無料で学ぶことが可能です。

すみ
すみ

国が斡旋あっせんしている事業なので安心ですよね。

 

資格を取得する

資格があれば、それだけでスキルの証明になります。

資格とマッチした企業に応募すれば間違いなく、採用率を上げてくれるでしょう。

すみ
すみ

私はMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の資格を取得してから派遣で働きはじめました。

*MOSとは:エクセルやワードなどマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格のこと

資格があれば下記のようなメリットがあります。

未経験でも採用のチャンスは高まる

資格取得手当で給料UPが望める

目指す職種に合わせた必要な資格をチェックして資格取得の勉強をしましょう。

 

経験やスキルをしっかり棚卸しする

転職活動には自己分析が最も重要です。

自己分析がちゃんとできていないと、「こんな仕事は合っていない」とと後で後悔するからです。

どのような自己分析が適切なのかわからないのであれば、転職サービスのスタッフのサポートを受けるのがおすすめですよ。

私は紹介予定派遣から正社員転職に成功しました。

「テンプスタッフ」なら転職のサポートも厚いです。

 

応募する企業研究を怠らない

特に応募する企業研究は重要です。

企業のHPだけでなく、社長のSNS発信でどんな発言をしているのか?

  • これから取り組もうとしていることは?
  • 何に尽力しているのか?

など、「あなたの職場に入りたいアピールをできることが大切」です。

すみ
すみ

表面上の軽い情報ではなく、深いところまで追っていくと、「この人は本当に我々の会社で働きたいのだな」と思ってもらえるはずです!

 

【保育士の転職先ランキング】まとめ

保育士業界から全く違う仕事に就きたい

人気の保育業界から異業種転職におすすめの仕事
  • 一般事務・オフィスワーク
  • 営業・企画の総合職
  • IT・Web業界
  • 広告関連
  • 接客業

保育士のキャリアを活かして異業種ではたらきたい

人気の保育士キャリアを活かせるおすすめの仕事
  • 家庭的保育事業者
  • ベビーシッター
  • 託児所のスタッフ
  • チャイルドマインダー
  • 習い事の講師

保育士の資格を活かせる仕事で転職したい

人気の保育士資格を活かせるおすすめの仕事
  • 保育士
  • 保育教諭
  • 幼稚園教諭
  • 事業所内・病院内保育所
  • 派遣保育士

異業種に転職するメリットは?

異業種に転職するメリット
  • 給料が上がった
  • 自分の時間がもてるようになった
  • 新たな経験やスキルが身についた
  • 希望した仕事で働ける
  • 人間関係の煩わしさから解放される

異業種に転職するデメリットは?

異業種に転職するデメリット
  • 保育士の資格を活かせない
  • 子供と接する機会を失う
  • 仕事に慣れるまで時間がかかる

コメント