PR

保育士に向いていない人の特徴とは?保育士がイライラする原因と解決策についても解説

こんな人におすすめ!

  • 大好きだった保育士の仕事に就けたのに、最近イライラすることが多くなった
  • 子どもにすぐイライラしてしまうのは、保育士失格じゃないかと悩んでしまう
  • 同僚保育士、保護者と上手くコミュニケーションが取れない私は、保育士に向いていないかも…

たしかに子どもの行動にイライラしてすぐ怒ってしまう自分を責めてしまう保育士さんはたくさんいますよね。

中には、私は保育士に向いていないから転職しようかと考えているかもしれません。

結論ですが、保育士でも子どもにイライラすることは普通にあります。

むしろ子どものことを考えているからこそ、出てくる発言です。

ただ感情的に怒っている人は、そんな発想にも至りません。

ただし、イライラの原因によっては転職を選択した方がいいケースもあるので注意が必要です。

すみ
すみ

保育士から異業種へ転職経験のあるすみが解説します。

保育士の転職先ランキング!おすすめの人気異業種を紹介
...

 

Sponsored Links

子どもにイライラする=保育士に向いていない?

結論から伝えると、子どもにイライラするのは保育士でも一般の方でも一緒です。

「保育士だから、子どもにイライラすることはない」と言うのは妄想ですよ。

元保育士が子育てについて書いた書籍が販売されています。

いくら保育を学んだと言っても、子どもを育てる現場は別物です。

「自分の思ったように動いてくれないのは当たり前。でも、私自身も体も心も余裕がないからイライラしてしまう。」

これが子育ての現実です。

それは保育の現場だって同じですよね。

ですので、子どもにイライラしてしまうから保育士に向いていないとは一概に言い切ることはできません。

 

Sponsored Links

【保育士 向いていない イライラする】感じる理由

とはいえ、子どもにイライラしてしまうと言う保育士の方は多いですよね。

どういったことにイライラするのか保育現場でよくある理由が以下です。

1つずつ解説します。

 

言うことを聞かない子どもにイライラする

  • 部屋を走りまわる
  • 泣き止まない
  • 言ったことを守ってくれない
  • 食事をこぼす
  • 集団行動のとき必ず別行動する

「子どもだから仕方ない」と思う気持ちがある反面、なぜ言うことを聞いてくれないの?とイライラしてしまうこともありますよね。

そのイライラを子どもにぶつけてしまい、後で後悔する…悪循環に陥る可能性もあります。

子どもが言うことを聞かず怒ったり泣いたりすることを「かんしゃく」と言います。

引用:

かんしゃくは、思い通りにならず、気持ちのコントロールができなくなっている状態です。例えば、自分でしたいのにできなくてイライラしたり、できないことが悔しくてかんしゃくを起こすこともあります。

姫路市

子どもの気持ちに立つことが大切なのです。

しかし、「かんしゃくは子どもの成長過程で起こること」と頭で理解できていても、保育現場では感情的に叱ってしまったり、怒りを抑えるためにストレスを溜めたりすることも少なくありません。

上記のようなことが続くと、いつもイライラしてしまって保育士に向いていないのかもと思ってしまう人も多いでしょう。

 

カリキュラムがいっぱいで時間の余裕がない

保育士の1日はハードなことでいっぱいです。

なぜなら、カリキュラムをたくさん用意しているからです。

時間に追われ、心に余裕がないと突然のアクシデントが発生した際に、イライラしてしまいますよね。

もっと時間にゆとりを持って、子ども1人1人を保育してあげたいと考えているのに、理想と現実のギャップが大きいと、「自分には保育士が合っていない」と凹んでしまうのです。

 

同僚保育士とうまく連携できない

クラス担任、サブリーダー、雑務担当など役割分担して保育するのが一般的です。

しかし、役割を与えられた者同士が上手くコミュニケーションをとれていないと、イライラしてしまう人は少なくありません。

例えば、新人保育士に業務を任せたのに、業務がまったく終わっていなかったというようなケースです。

特に保育士の仕事は、1人で行えないことが多いため、連携して進められないと関係がギクシャクしてしまいかねません。

そう言ったことが続き、いつしか当たりが強くなりイライラが募っていくのです。

 

クラスをうまく回せない自分にイライラする

クラス担任を受けもつようになってくると、他のクラスと同じように、上手く対処できないことにイライラすることも増えます。

それが例え「経験の違い」だと理解していても、自分自身に納得できず自分を責めてしまうケースも少なくありません。

すみ
すみ

責任感が強く、自分で何でもできると思っている人に多い傾向ですよ。

「あの先生がリーダーだと上手くクラスが回るのに」など比べられている話など、想像してしまいさらに落ち込んでいく人もいます。

そんな理想とのギャップにイライラしてしまうのです。

 

保護者対応にイライラする

子どもとの対応にイライラしているのでなく、保護者からのクレームにイラッとしてしまう人も少なくないでしょう。

言われて当たり前の内容であれば、真摯に受け止めるべきです。

とはいえ理不尽なクレームをたびたび受けていると、イライラがピークに達して、「私は保育士が向いていないから辞めたい」と精神を消耗してしまうでしょう。

例えば、

  • 「自分の子どもに学芸会の主役をやらせろ」
  • 「卒業アルバムに自分の子供が写っている写真が少ないので、作り直せ」
バカ親って言うな!モンスターペアレントの謎」より

などと言う保護者対応です。

明らかに無茶な要望ですよね。

上記のような理不尽なクレームを繰り返す保護者のことを『モンスターペアレント』と言います。

すみ
すみ

もちろん、上記のような保護者対応でなくても、小さなクレームが積み重なりイライラが大きくなっていく保育士は多く存在します。

他の保育士のところへ子どもが集まる

自分と他人を比べてしまい、落ち込む方も保育士の方も少なくないですよね。

  • 「私の方にはあまり子どもが集まってこないのに、一緒に入植した同期の子には子どもが集まる」
  • 「私は子どもに人気がなく、好かれていないんだな」

上記のように落ち込み、イライラしてしまう人はいます。

たしかに、一緒にはたらく同僚の方は子どもに人気なのかもしれません。

しかし、それだけであなたと他の保育士に優劣をつけるものではありません。

保育士の立場は違っても、経験値や得意なことは人それぞれです。

とはいえ、考えてしまうと頭から離れず、メンタルを消耗してしまう保育士が存在します。

 

同僚保育士ができることが自分にできない

自分は苦手でできないことが他の保育士は上手にできてしまうと、気持ちが落ち込む反面、できないことにイライラしてしまうことも多いでしょう。

これも他社と比べることで発生している悩みです。

例えばピアノや絵画制作など、保育士として働くなら必須となってくるような事です。

ピアノは小さい頃から習っているほど、上手い傾向があります。

特に、同僚保育士が得意であると、その悩みは大きくなるでしょう。

 

保育の仕方が他の保育士と違う

新しく入ってきた新人保育士が、自分の保育方針と異なることを行い、イライラしてしまうケースがあります。

自分の「保育」に対する考え方が正しいと思っている人ほど、陥りがちな状態です。

例えば、子どもがパズルで遊んでいて、本来の遊び方と違う遊び方をしていたケース。

迷路の正しい遊び方を教えたAさん、正しい遊び方ではないけど、遊んでいるのを見守ったBさん。

どちらも自分の保育観で選んだ行動です。

しかし、どちらか一方のやり方が納得いかず、不満を感じてしまう人がいます。

特に、情熱を持って仕事に取り組んでいる人ほど、信念を強くもっており、この状況に陥りがちです。

上記のような方は、自分と保育方針が合わないとイライラしてしまうことが多いでしょう。

 

Sponsored Links

【保育士 向いていない イライラする】向いていない人の特徴

保育士に向いていない・イライラする人の特徴

 

周りが見えない

  • 1人で仕事を進めようとしてしまう
  • 計画を立てるのが苦手

といった、目の前の仕事にしか目がいかないタイプの人は保育士に向きません。

なぜなら、保育士の仕事は多くの業務をこなしながら、子どもを見る仕事だからです。

1つのことに没頭して仕事をすることは、子どもの危険に気づけないリスクが伴います。

また、保育園の仕事は共同して進めていく仕事が多数存在しますので、1人だけ歩幅を合わせず進めることは周りの保育士に迷惑をかける可能性が高いでしょう。

ですので、周りが見えないと、保育士を続けていくことは難しいでしょう。

 

保育士向いてない・イライラする のまとめ

保育士の仕事をしていてイライラすることは多々あります。

しかしそれはどんな仕事でも同じことが言えますよね。

まずイライラする理由と対処法を知り、自分で解決できることなのか、解決できないことなのか考えてみましょう。

もし解決できないことであり、今の職場を離れることが解消できる手段であるならば、転職を検討してみてください。

保育士の転職先ランキング!おすすめの人気異業種を紹介
...

コメント