PR

紹介予定派遣はやめたほうがいい?「やめとけ」と言われる真相は?

こんな人におすすめ!

たしかに、紹介予定派遣に興味を持っているけど、どう進めるべきかわからないと不安ですよね。

結論、紹介予定派遣はやばい制度ではありません!直接雇用が前提なので、正社員になりたい人はおすすめの制度ですよ。

ただし、人によっては「紹介予定派遣が合わないタイプ」もいるので注意が必要です。

すみ
すみ

実際に保育士から紹介予定でOL(正社員)になったすみが解説します!

読み飛ばしガイド

  • 紹介予定派遣は辞めた

 

Sponsored Links
  1. 紹介予定派遣とは
  2. 紹介予定派遣は「やめとけ、やめたほうがいい」と言われる5つの理由
    1. ①求人数が少ない
    2. ②直接雇用前提、でもほとんどが「契約社員」
    3. ③試用期間を過ぎても採用されない場合もある
    4. ④一般派遣より選考が厳しい
    5. ⑤派遣試用期間を延長できない
  3. 【紹介予定派遣はやめとけ、やめたほうがいい?】正社員になれた割合
  4. 【紹介予定派遣はやめとけ、やめたほうがいい?】直接雇用にならなかった理由
    1. 清潔感に欠ける
    2. 表情や態度に問題がある
    3. 会話が成り立たない
    4. スキル不足と判断された
    5. 出勤率が悪い
  5. 【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】紹介予定派遣のメリット
    1. ①仕事が自分に合っているか分かる
    2. ②試用期間で社風や働いている人を見て決めることができる
    3. ③一般的な正社員・契約社員より選考倍率が低い
    4. ④リスクが少ない状態で仕事を覚えられる
    5. ⑤社員登用を断ることもできる
    6. ⑥未経験からでもチャレンジしやすい
    7. ⑦実力以上の企業に就職できるチャンスがある
  6. 企業が紹介予定派遣で募集する理由
    1. 採用コストを削減したい
    2. 秘密裏で採用したい
    3. 人が集まらない
    4. 採用の選択肢が多いと世間体も良くなる
    5. 実際に働きぶりをみて人材を採用したい
  7. 【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】おすすめしない人
    1. ①1つの会社で働きつづけたくない
    2. ②部署移動をしたくない
    3. ③正社員としての就職に後向き
  8. 【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】おすすめする人の特徴
    1. ①慎重に会社選びしたい
    2. ②正社員への転職が上手く行かない
    3. ③未経験の仕事に挑戦したい
  9. 【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】面接で合格するためのコツ
    1. 面接でアピールすべきポイント
    2. 面接対策のポイント
  10. 【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】3つの失敗談
    1. 正社員への道筋が曖昧な場合
    2. 仕事量の急増
    3. 派遣先との関係悪化
  11. 【紹介予定派遣はやめとけ、やめたほうがいい?】おすすめ派遣会社5選
  12. 【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】派遣会社の選び方
  13. 【紹介予定派遣はやめとけ、やめたほうがいい?】よくする質問
  14. 紹介予定派遣はやめとけ、やめたほうがいい?まとめ

紹介予定派遣とは

最終的に直接雇用を前提に試用期間を設け、派遣社員として働く制度が「紹介予定派遣」です。

一般的に3ヵ月くらいが多いです。ただし最長6ヶ月間試用期間が設けられます。

期間中に、本人と派遣先企業側の双方が「このまま引き続き一緒に仕事をしていきたい」と合意された時のみ最終的な契約になります。

一般的な派遣スタイルの「登録型派遣」との違いを表にまとめました。

登録型派遣紹介予定派遣
目的課せられた業務を遂行する直接雇用を目指している
契約期間最長3年最長6ヶ月(試用期間)
直接雇用になる可能性
選考面談や選考なし面接、書類選考あり
登録型派遣と紹介予定派遣の違い

 

Sponsored Links

紹介予定派遣は「やめとけ、やめたほうがいい」と言われる5つの理由

なぜ紹介予定派遣はやめたほうがいいと言われるのか。

以下に紹介する5つの理由が「やめたほうがいい」と言われる理由です。

 

①求人数が少ない

紹介予定派遣の求人数は一般的な派遣や直接雇用に比べて少ないです。

そのため、自分の希望する地域や業界で求人を見つけるのが難しいケースがあるかもしれません。

求人が少ないのは、転職活動の選択肢を狭めます。

②直接雇用前提、でもほとんどが「契約社員」

紹介予定派遣では直接雇用が前提とされていますが、実際には正社員ではなく「契約社員」として採用されることが多いのが現実です。

正社員を希望している場合、「思っていたのと違う!」と満足できない可能性があります。

 

③試用期間を過ぎても採用されない場合もある

紹介予定派遣では、派遣期間が試用期間となりますが、その期間が終了しても直接雇用に至らないことがあるのです。

紹介予定派遣は、絶対に社員になれる制度ではありません。

求人先企業の要件を満たせない場合、そこで契約が終了することがあります。 

 

④一般派遣より選考が厳しい

直接雇用が前提となる紹介予定派遣は、一般派遣に比べて選考が厳しいことが多いです。

企業にとって、社員を1人雇うにはお金がかかります。

【派遣社員より契約・正社員の待遇はお金がかかります (給与・ボーナス・福利厚生など)】

  • すぐに辞めてしまわないか・・
  • しっかりと勤めてくれるのか・・

といった風に、派遣社員を雇うときより見定める必要があるからです。

紹介予定派遣の選考の方が厳しくなると言われるのはこのためです!

 

⑤派遣試用期間を延長できない

紹介予定派遣の派遣期間は最大6ヶ月と規定されており、この期間を超えて延長することはできません。

そのため、もし6ヶ月で直接雇用されなかった場合、その場で仕事を辞めないといけないリスクがあります。

 

Sponsored Links

【紹介予定派遣はやめとけ、やめたほうがいい?】正社員になれた割合

厚生労働省のデータによると、紹介予定派遣で働いた方々のうち、直接雇用(契約・正社員)につながった方は約3割です。ちょうど5人に2人くらいの割合です。

 

【紹介予定派遣はやめとけ、やめたほうがいい?】直接雇用にならなかった理由

紹介予定派遣は、面接時だけでなく、派遣社員として働く試用期間も評価されています。

いくら面接時の評価が良くても、実際に働いてみて欠けている部分があると企業に思われてしまった場合、直接雇用に繋がらない可能性があります。

以下、理由について解説します。

 

清潔感に欠ける

社会人としての身だしなみができていない、清潔感に欠ける人はとても印象が悪いです。

シワシワのシャツ、裾のほつれたパンツ、汚れた靴、自分では気づかなくても一緒に働いている人は見ています。

きちんとした身だしなみは、仕事に取り組む姿勢、清潔さや誠実さ、品格まで表します。

清潔感を持った身だしなみで、良い印象を持ってもらえるようにしましょう。

 

表情や態度に問題がある

人と人とのコミュニケーションは、言葉だけでなく、表情や態度も大切です。

常にニコニコしている必要はありませんが、無愛想な人に思われないよう、TPOに合わせて対応をしていきましょう。

 

会話が成り立たない

職場でコミュニケーションがスムーズでないと、チームでの仕事が難しいと判断されます。

理由は1つ、仕事が円滑に進まないからです。

特別、話上手ではなくても大丈夫ですが、しっかりと相手の話を聞いて会話をできる(=仕事ができる)人が求められます。

 

スキル不足と判断された

応募した仕事に対して必要なスキルが不足していると感じられる場合、採用が見送られることがあるでしょう。

もちろん最初から全てのことができないといけない訳ではありませんが、特殊な業界などの場合、現時点のスキルを見て今後見込みがなさそうと思われたら、直接雇用は遠のいてしまうかもしれないですね。

出勤率が悪い

出勤率は、直接雇用するための条件として、一定の割合を決めている企業が多いです。

ちなみに、私の会社の出勤率は「90%以上」が条件でした。

上記の条件を事前に教えてくれる上司もいますが、全く何も教えてくれない(設定していない)パターンもあります。

念の為、試用期間中はほぼ休まない気持ちで臨むのが一番ですね。

 

【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】紹介予定派遣のメリット

 

①仕事が自分に合っているか分かる

紹介予定派遣では、社員登用前の試用期間に実際に職場で働くことができます。

(これは学生で言うと、部活動の体験入部のようなものです。)

つまり、仕事内容が自分に合うかどうかをこの期間で確かめることが可能なんです。

社員登用後に「こんなはずじゃ無かった」と落ち込むリスクは最小限に抑えられます。

 

②試用期間で社風や働いている人を見て決めることができる

紹介予定派遣の派遣期間は、事実上の試用期間。

この期間に、職場の人々との相性、会社の雰囲気などをじっくりと確認しながら、最終的に社員として働くかどうかを見定められるのは、非常に魅力的です!

特に、職場にどんな人がいるのかって、入ってみないと分からないですよね。(お局さんとか・・・)

人間関係で苦労しないように、実際に自分の目で確かめられるのは、本当に素晴らしいと思います。

私個人的には、これが紹介予定派遣の1番のメリットだと感じています。

 

③一般的な正社員・契約社員より選考倍率が低い

一般的な正社員や契約社員の募集に比べ、紹介予定派遣の選考倍率は低いことが多いです。

絶対に直接雇用になれる保証はありませんが、まずは最初の入り口として低い倍率である紹介予定派遣を使って、社員への道を切り開くことができます。

 

④リスクが少ない状態で仕事を覚えられる

派遣社員として働く試用期間は、いわば「トライアル期間」です。

このトライアル期間で、新しい職場や業務に対するリスクを最小限にしながら学べるのがメリットの1つです。

 

⑤社員登用を断ることもできる

派遣期間が終わり、直接雇用のオファーがあった場合でも、自分に合わないと感じた場合は、社員登用を断ることができます。

紹介予定派遣からの直接雇用は、「企業・自分の双方の同意」のもと行われるからです。

 

⑥未経験からでもチャレンジしやすい

紹介予定派遣は、未経験の分野に対してもチャレンジしやすい制度です。

未経験であっても、派遣期間中に必要なスキルや知識を身につけられるので、新しいキャリアへの一歩として活用できます。

 

⑦実力以上の企業に就職できるチャンスがある

紹介予定派遣では、自身の経験やスキルだけでなく、意欲やポテンシャルも評価されることが多いです。

そのため、普通の選考では難しいとされる企業でも、良い評価をもらって、直接雇用として働ける可能性があります!

これは、とっても夢のある話ですよね。

【紹介予定派遣求人が豊富!マッチング重視なら「パーソルテンプスタッフ」がおすすめ】

紹介予定派遣で上手くマッチングできれば、今はたらいている仕事より良い求人にチャレンジできるチャンスがあります。

ですのでマッチングすることが重要です。

パーソルテンプスタッフ」は紹介予定派遣求人数も多く、良い求人とマッチングする可能性が高いですよ!

ただし人気の求人はすぐ埋まってしまうので、登録だけ済ましておきましょう。

 

企業が紹介予定派遣で募集する理由

企業が紹介予定派遣を利用するの?と疑問を持つ方もいるかもしれません。

理由を以下で解説します。

 

採用コストを削減したい

紹介予定派遣を利用して、採用コストや労力を下げる狙いで選択する企業もあります。

なぜなら求人広告費を出すだけでも、数十万と費用がかかるからです。

求人を出しても、良い採用者が見つからなければ、求人広告費を無駄にしてしまいかねません。

また内定を出したとしても、辞退される可能性もあり、労力がかかってしまいます。

紹介予定派遣なら、

人選 → 書類選考 → スケジュール調整 → 合否連絡

上記すべてを派遣会社が行ってくれるため、求人募集企業の労力は最小限にできます。

採用コストを抑えられ、人材不足を解消できる点で、企業側のメリットになるでしょう。

 

秘密裏で採用したい

「経理」「人事」など、主要部門の社員が大量退職したなど、ウワサになれば倒産の危機があるのではないかと会社の株を下げる可能性が出てきます。

そのため、表立って採用応募したくない時に紹介予定派遣が利用されることがあります。

 

人が集まらない

採用募集しても、求人が集まらないときに紹介予定派遣が利用されることがあります。

なぜなら、正社員になりたい人が派遣社員に多いからです。

「派遣で何年も働いてきて、正社員になるのを諦めていた」

上記の派遣社員層が、求人応募してくる可能性があります。

すみ
すみ

私自身も、「正社員を目指せるなら」と紹介予定派遣求人に応募した経験があります。

その甲斐あって、今は大手企業で金融事務で働けています!

 

採用の選択肢が多いと世間体も良くなる

企業は、世間からの目を気にします。

世間体が悪いと、企業の価値を下げるからです。

そういった観点で採用の選択肢が幅広いと、

  • 「柔軟性のある会社」
  • 「高い人材レベルを求める会社」
  • 「労働者の働ける環境が整っている会社」

上記のイメージを抱きやすいと考えられます。

紹介予定派遣を利用するのには、25〜35%の手数料がかかるため、派遣先企業にとって負担は大きいはずです。

もちろん、企業のクリアなイメージだけで紹介予定派遣を導入するわけではないでしょう。

しかし、紹介予定派遣を利用する企業は、「クリアなイメージ」といった視点を持っているところが多いです。

 

実際に働きぶりをみて人材を採用したい

企業にとっても、派遣社員とのミスマッチは避けたいですよね。

紹介予定派遣は試用期間が6ヶ月設けられており、その期間で企業側が採用するか否か判断できます。

もちろん派遣社員側も、その会社で働き続けるか働いたうえで判断できるので、お互い認識のズレは解消されるはずです。

win-winな関係で直接雇用できるのは、企業側にとってもメリットとなります。

 

【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】おすすめしない人

紹介予定派遣 おすすめしない人の特徴

 

①1つの会社で働きつづけたくない

紹介予定派遣は、派遣期間を経て企業と就業者の合意のもとに直接雇用される制度です。

したがって、一つの会社で長期間働くことに興味がない方、または複数の企業で経験を積みたい方には、適さないでしょう。

 

②部署移動をしたくない

社員登用後、一定期間を経過すると、部署異動の可能性があります。

総務として採用されたけど、3年後営業部に行くことだってあります。

なぜなら、企業としては、社員になったら様々な部署で経験を積み、いろんな業務を身につけ、会社のために利益を出していって欲しいんです。

ただし基本的には、その人が活躍できそうな場所へ部署異動を命じることが多いので、到底できなさそうな部署へ行くことはないと思います。

絶対にどこの部署にもいきたくないと思う人は、紹介予定派遣は適していないでしょう。

 

③正社員としての就職に後向き

紹介予定派遣は、派遣先企業に正社員としての採用を目指す制度です。(契約社員の場合もあります)

正社員としての就職に消極的な方、または正社員としての責任や役割に対してためらいを感じる方にとっては、紹介予定派遣は適していないでしょう。

 

【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】おすすめする人の特徴

紹介予定派遣おすすめする人の特徴

 

①慎重に会社選びしたい

紹介予定派遣は、転職先の会社選びに慎重であることが大切な方にぴったりの選択肢かもしれません。

なぜなら、派遣期間中に自分が働く職場が自分に合うのかどうか、じっくりと見極める時間が取れるからです。

例えば、転職先の企業の社風や働いている人々の雰囲気を感じながら、自分に合うかどうかを慎重に判断することができます。

紹介予定派遣ならではのこの時間は、自分にぴったりの職場を見つける貴重なチャンスとなるでしょう。

だからこそ、紹介予定派遣は、自分に合った会社を慎重に選びたいと考える方にとって、理想的な働き方といえますね。

 

②正社員への転職が上手く行かない

「正社員への転職がうまくいかない」という経験ありませんか?

そんな時におすすめしたいのが紹介予定派遣です。直接応募するのが難しくても、まずは派遣として頑張れる場なんです。

紹介予定派遣なら、派遣期間中に自分のスキルや仕事への意欲を存分にアピールできます。

例えば、あなたの真摯な取り組みが企業側に認められれば、正社員への扉が開かれることも少なくありません。

紹介予定派遣は、正社員になりたいけれど、なかなかうまくいかないと悩んでいる方にとって、新しいチャンスを提供してくれる働き方です。オススメです!

 

③未経験の仕事に挑戦したい

未経験の仕事に興味を持っているけど、一歩を踏み出すのが怖いと感じていませんか?

紹介予定派遣なら、未経験でも気軽に挑戦できる求人があるのでおすすめです。

派遣先企業のサポート体制がしっかりしているので、安心して働き始められますよ。

例えば、「資格取得促進する学習プログラム」や「キャリアアップのための研修プログラム」などです。

上記のような環境だからこそ、未経験の分野でも不安を少なく挑戦できるはず。

紹介予定派遣制度を利用すれば、今まで出会えなかった職種にも挑戦できて自分の選択肢の幅を広げられますよ。

 

【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】面接で合格するためのコツ

紹介予定派遣の面接で成功をつかむためのポイントは、自己準備と職場への適応能力の証明です。

以下、具体的なポイントをご紹介します。

 

面接でアピールすべきポイント

面接でアピールすべきポイントポイントは以下の2つです。

  • 自分の強みやスキル
  • 熱意・やる気を伝える
  • 企業に対する興味や関心

 

1.自分の強みやスキル

面接では、あなたがこれまでに手に入れたスキルや得意な点をアピールする絶好のチャンスです。

「過去に何を学び、どう乗り越えてきたのか、何が得意なのか」など具体的にアピールしていきましょう。

たとえば、「前職でのマネジメント経験から、チームでの仕事の進め方が得意です。チームで協力してスムーズに仕事を行えるよう、自分自身は◯◯をするなど工夫をしました。」などの具体的なエピソードがあると良いですね。

自分だけの特別なスキルで、どう会社に貢献できるかをわかりやすく伝えることがポイントです。

 

2.熱意・やる気を伝える

「なぜこの企業で働きたいのか?」この質問に対して、心からの答えを見つけることが大切です。

言葉に力がこもれば、自然と採用担当者にもその熱意が伝わります。

例えば、「この企業のサービスが人々の暮らしを良くすると感じています」といった感じで、あなたの夢や希望を素直に話すと良いでしょう。

なぜその企業で働きたいのか、その熱意を感じさせる言葉で伝えることが大切です。

 

3.企業に対する興味や関心

会社についてちゃんと調べておくことは、単なるマナーではなく、あなたの真剣さを示すチャンスでもあります。

事前に企業のホームページを見たり、業界の動向に目を通したりして、業績やビジョンについての基本的な理解を深めましょう。

面接での会話が生き生きとし、あなたの興味を感じることで、採用担当者にも好印象を与えることができるでしょう。

 

面接対策のポイント

1.身だしなみは基本

女性の場合、面接時の身だしなみは特に重視されます。清潔でシンプルな服装、控えめな化粧、きちんと整えた髪型などがポイントです。

派手すぎず、でも自分らしさを忘れずに、第一印象を良くする努力をしましょう。

小物選びも大切で、例えば、バッグや靴も全体の印象と合うものを選ぶと良いですね。

化粧も普段通りではなく、面接に適したメイクをしましょう。

【転職面接のメイクのコツ】詳細はこちら⬇︎

転職面接のメイクのコツ・注意点【面接パーフェクトガイド】|女の転職type
...

 

2.過去の経験から学んだこと

女性ならではの感受性や保育士でのコミュニケーション能力を活かした経験は、面接で強くアピールできる要素です。

特に人間関係の調整やチームでの協力など、女性の強みを活かせるエピソードがいいと思います。

保育士としての経験から子供たちの心に寄り添う力や、親御さんとの信頼関係を築くスキルなどをアピールしていきましょう。 

「大変そう」と感じた方は、紹介予定派遣のサポートがおすすめ

女性が新しい職場への挑戦を考える際、一人では不安を感じることもあるかもしれません。

そこで、紹介予定派遣のサポートが心強い味方になります。営業担当が親身に話を聞いて、一緒に進めてくれるので、安心して新しい道への挑戦ができるのが魅力です。

紹介予定派遣でおすすめの派遣会社は後半の見出し」で解説しています。

 

【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】3つの失敗談

紹介予定派遣での

 

正社員への道筋が曖昧な場合

紹介予定派遣は、正社員への道を開く素晴らしいチャンスです。

しかし、ある方は「正社員になれる」と言われたけれど、実態は契約社員のままでした。

企業へ納得のいく説明を求める必要があるでしょう。

また、そんなことがないように事前に就業条件等をしっかりと確認しましょう。

 

仕事量の急増

正社員になった瞬間に仕事が増えたという話も耳にします。急な変化に戸惑うこともあるでしょう。

この失敗談から学べることは、業務内容の説明を受ける重要性です。

紹介予定派遣でのポジションが変わる際に、しっかりとした業務内容の説明を受けることで、安心してスタートが切ることができます。

 

派遣先との関係悪化

人間関係の悩みは誰にでもあるもの。派遣先との関係が悪化したとしても、契約期間満了まで居続けなくてはならないことが大半です。

日頃から関係悪化しないよう、自分自身の行動等を見つめたり、それでもよっぽどのことがあり思い悩む場合は、家族や友人に相談し、助言をもらいましょう。自分自身が一番大切ですからね。

 

【紹介予定派遣はやめとけ、やめたほうがいい?】おすすめ派遣会社5選

派遣会社総合満足度紹介予定派遣
(2023年9月14日現在)
営業マン対応・サポート力福利厚生スキルアップHP

スタッフサービス
5.09,456件5.05.05.0【無料】公式HPへ

テンプスタッフ
4.86,563件4.55.05.0【無料】公式HPへ

ウィルオブ・ワークス
4.54,087件4.55.04.0【無料】公式HPへ

アデコ
4.33,159件4.04.54.5【無料】公式HPへ

パソナ
4.31,164件5.04.04.0【無料】公式HPへ
【実際に私が使った】おすすめしたい紹介予定派遣会社ランキング

紹介予定派遣を成功するためには派遣会社のサポートが大きく関わります。

信頼できる、安心できる派遣会社を選ぶことが大切です。

おすすめの派遣会社は「紹介予定派遣に強い会社ランキング【おすすめ5会社を紹介】で詳しく解説しています。

 

【紹介予定派遣はやめとけ、やめた方がいい?】派遣会社の選び方

繰り返しになりますが、紹介予定派遣の道を選ぶ際、派遣会社選びはとても重要です。

「パーソルテンプスタッフ」のような、多岐にわたる求人と質の高いサポート体制を持つ派遣会社を選ぶことが成功へのカギとなります。

今すぐ無料登録して、自分に合った派遣先を見つけましょう。

紹介予定派遣のチャンスを最大限に活かすことで、あなたの理想の仕事に就くことができるでしょう。この機会を逃さず、あなたの未来を切り開いてみてください。

 

【紹介予定派遣はやめとけ、やめたほうがいい?】よくする質問

紹介予定派遣の働き方に対して疑問や不安を感じている方も多いことでしょう。

以下、よくある質問とその解答をご紹介します。

Q
40代、50代でも紹介予定の応募ってありますか?
A

年齢に関わらず、紹介予定派遣の応募は可能です。経験やスキルに応じて、多岐にわたる職種があります。

ただ、倍率が高く20-30代と戦わないといけない時は、合格しづらい可能性があるかもしれません。

ですが、40-50代の方しか持っていない魅力もあります。自分自身のスキルをさらに磨いて、若い世代より経験値が高く、常識も金揃えている姿を見せましょう。

Q
仕事が合わなかったら途中でやめられますか?
A

紹介予定派遣での派遣期間中に仕事が合わないと感じた場合、途中での退職も可能です。

ただし、派遣会社との契約内容によるため、事前に確認しておくことが重要です。

自分に合わないと感じたら、適切に対応してもらえるよう、契約の内容をよく理解しておきましょう。

Q
紹介予定派遣のある派遣会社はどこですか?
A

多くの派遣会社が紹介予定派遣の案件を取り扱っています。

自分の希望する職種や条件に合う派遣会社を見つけるために、派遣情報サイトなどで調べてみるとよいでしょう。

自分に合った派遣先を見つけることで、紹介予定派遣の成功への道が開かれます。

下記に紹介予定派遣に強いおすすめの派遣会社を紹介します。

派遣会社総合満足度紹介予定派遣
(2023年9月14日現在)
営業マン対応・サポート力福利厚生スキルアップHP

スタッフサービス
5.09,456件5.05.05.0【無料】公式HPへ

テンプスタッフ
4.86,563件4.55.05.0【無料】公式HPへ

ウィルオブ・ワークス
4.54,087件4.55.04.0【無料】公式HPへ

アデコ
4.33,159件4.04.54.5【無料】公式HPへ

パソナ
4.31,164件5.04.04.0【無料】公式HPへ
【実際に私が使った】おすすめしたい紹介予定派遣会社ランキング

紹介予定派遣に強い会社ランキング【おすすめ5会社を紹介】

 

Q
直接雇用になるかどうかは、いつ決まるの?
A

直接雇用になるかどうかは、派遣期間中の評価や派遣先企業と派遣社員の合意に基づいて決まります。

通常、派遣期間終了前に決定されることが一般的です。

明確なタイミングを知りたい場合、派遣会社に相談しましょう。

 

Q
「3ヶ月目」など、6ヶ月経過する前に直接雇用に切り替えてもいいの?
A

紹介予定派遣の派遣期間は通常6ヶ月ですが、派遣先企業と派遣社員の合意があれば、3ヶ月など期間経過する前に直接雇用に切り替えることも可能です。

具体的な期間は契約内容によりますので、事前に派遣会社に確認するとよいでしょう。

 

紹介予定派遣はやめとけ、やめたほうがいい?まとめ

  • 紹介予定派遣は、派遣期間終了後の正社員登用を前提としているため、正社員を目指す人には良い選択肢
  • 事前にはたらくことで、会社が自分に合っているのか確認できるのは紹介予定派遣のメリット
  • 未経験の職種への挑戦も可能なので、ぜひチャレンジしてほしい

紹介予定派遣につよい派遣会社はここ

派遣会社総合満足度紹介予定派遣
(2023年9月14日現在)
営業マン対応・サポート力福利厚生スキルアップHP

スタッフサービス
5.09,456件5.05.05.0【無料】公式HPへ

テンプスタッフ
4.86,563件4.55.05.0【無料】公式HPへ

ウィルオブ・ワークス
4.54,087件4.55.04.0【無料】公式HPへ

アデコ
4.33,159件4.04.54.5【無料】公式HPへ

パソナ
4.31,164件5.04.04.0【無料】公式HPへ
【実際に私が使った】おすすめしたい紹介予定派遣会社ランキング

コメント